メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

写真・図版 : 国際流動性についての日本のデータ。それぞれのグループの一番下にある「FWCI」は「相対被引用インパクト」で、影響度を表す指数のグループごとの平均。「不動」グループは低くなっている。

国際流動性についての日本のデータ。それぞれのグループの一番下にある「FWCI」は「相対被引用インパクト」で、影響度を表す指数のグループごとの平均。「不動」グループは低くなっている。

  • 写真・図版 : 研究者の男女割合。1996-2000,2011-2015の比較。女性が紫で、男性がグリーン。
  • 写真・図版 : 研究者1人あたりの執筆論文数。紫が女性でグリーンが男性。右側の上から2番目が日本だ。
  • 写真・図版 : 男女別の相対被引用インパクト。日本は右の列の上から2番目。
  • 写真・図版 : 国際流動性についての日本のデータ。それぞれのグループの一番下にある「FWCI」は「相対被引用インパクト」で、影響度を表す指数のグループごとの平均。「不動」グループは低くなっている。
  • 写真・図版 : 記者発表するエルゼビア・ジャパン社のルディービーヌ・アラニヤさん
  • 写真・図版 :