メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

写真・図版 : 福島第一原発3号機の建屋を間近に見られる通路は除染が進み、この5月から一般の服装(防塵マスクやヘルメットは着用)で立ち入られるGゾーンとなった。私たちは、出かけて行ったシャツやズボンを身につけたまま、この通路で3号機に関する説明を受けた=5月24日、松村北斗撮影

福島第一原発3号機の建屋を間近に見られる通路は除染が進み、この5月から一般の服装(防塵マスクやヘルメットは着用)で立ち入られるGゾーンとなった。私たちは、出かけて行ったシャツやズボンを身につけたまま、この通路で3号機に関する説明を受けた=5月24日、松村北斗撮影

  • 写真・図版 : 福島第一原発3号機の建屋を間近に見られる通路は除染が進み、この5月から一般の服装(防塵マスクやヘルメットは着用)で立ち入られるGゾーンとなった。私たちは、出かけて行ったシャツやズボンを身につけたまま、この通路で3号機に関する説明を受けた=5月24日、松村北斗撮影
  • 写真・図版 : 使用済み核燃料の取り出しを控えて、上部にかまぼこ形のカバーが設置された福島第一原発3号機の原子炉建屋。右奥には4号機上部の白いカバーも見える=5月24日、松村北斗撮影
  • 写真・図版 : 福島第一原発3号機原子炉建屋のイメージ図。建屋の上に橋を架けるような形で構造物を設け、その上にドーム屋根のカバーを架けてある
  • 写真・図版 : 3号機の燃料プール。この写真の撮影時、水面近くにはがれきが残っていた=2017年12月1日、竹花徹朗撮影