メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

写真・図版 : 塚本洋三さん。下村兼史が愛用したものと同型のグラフレックスカメラ(ガラス乾板で撮影できる)を持ち出して語ってくれた

塚本洋三さん。下村兼史が愛用したものと同型のグラフレックスカメラ(ガラス乾板で撮影できる)を持ち出して語ってくれた

  • 写真・図版 : 下村が「原板第1号」と呼んだカワセミの写真(部分)
  • 写真・図版 : 下村兼史。20歳前後の時と思われる(バード・フォト・アーカイブス所蔵)
  • 写真・図版 : 「原板第1号」のカワセミ=1922年1月5日、佐賀市(下村兼史撮影、山階鳥類研究所所蔵)
  • 写真・図版 : ナベヅルの降下飛翔=1928年1月25日、鹿児島県荒崎(下村兼史撮影、山階鳥類研究所所蔵)
  • 写真・図版 : 手の上のジュウイチの雛に給餌するオオルリ=1929~31年ごろ、静岡県須走(下村兼史撮影、山階鳥類研究所所蔵)
  • 写真・図版 : 巣穴に飛び込むルリカケス=1935年4月20日、鹿児島県奄美大島(下村兼史撮影、山階鳥類研究所所蔵)
  • 写真・図版 : 国内で絶滅する前のコウノトリ。巣の中に親鳥1羽と巣立ちが近いひな2羽がいる=1920年代後半、兵庫県出石(下村兼史撮影、バード・フォト・アーカイブス所蔵)
  • 写真・図版 : 塚本洋三さん。下村兼史が愛用したものと同型のグラフレックスカメラ(ガラス乾板で撮影できる)を持ち出して語ってくれた