メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 土砂災害の発生過程。崩壊危険箇所が発生源で、その下の谷筋が土石流エネルギーの増幅域となる。その下流が被災域だ。

土砂災害の発生過程。崩壊危険箇所が発生源で、その下の谷筋が土石流エネルギーの増幅域となる。その下流が被災域だ。

  • 写真・図版 : 土砂災害の発生過程。崩壊危険箇所が発生源で、その下の谷筋が土石流エネルギーの増幅域となる。その下流が被災域だ。
  • 写真・図版 : 電磁波で風化土層の厚さを測っている様子=長野県
  • 写真・図版 : 土石流の発生源を表示した防災マップ。筆者が主宰する「農山村を災害から守る会」が作ったものの拡大図。これを元に、辰野町が新しい防災マップを作った。
  • 写真・図版 : 2018年7月の西日本豪雨後の砂防ダム。多くの流木などを受け止めていた=兵庫県宍粟市波賀町小野、兵庫県提供