メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

写真・図版 : 香港での国際会議で、双子の女児をゲノム編集技術を使って誕生させたと発表する賀建奎・南方科技大副教授=2018年11月28日、益満雄一郎撮影

香港での国際会議で、双子の女児をゲノム編集技術を使って誕生させたと発表する賀建奎・南方科技大副教授=2018年11月28日、益満雄一郎撮影

  • 写真・図版 : 香港で開かれたゲノム編集の国際会議=2018年11月27日、福地慶太郎撮影
  • 写真・図版 : 香港での国際会議で、双子の女児をゲノム編集技術を使って誕生させたと発表する賀建奎・南方科技大副教授=2018年11月28日、益満雄一郎撮影
  • 写真・図版 : 賀建奎・南方科技大副教授が国際会議で示した画面。たんぱく質「CCR5」の遺伝子に変異を入れ、HIVに感染しにくい体にすることを狙った。生まれたという双子の女児を「ルル」と「ナナ」と呼んでいた=2018年11月28日、福地慶太郎撮影
  • 写真・図版 : 人間の生殖細胞へのゲノム編集は技術的に可能なレベルにあるとされる