メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

写真・図版 : 喜界島は鹿児島市から南へ380㎞、奄美大島の北東端から25㎞の洋上にある。周囲48.6㎞の小さな隆起サンゴ礁の島に、3,236世帯、6,839人が暮らしている(2018年11月1日現在、喜界町推計)=2007年7月6日、空撮

喜界島は鹿児島市から南へ380㎞、奄美大島の北東端から25㎞の洋上にある。周囲48.6㎞の小さな隆起サンゴ礁の島に、3,236世帯、6,839人が暮らしている(2018年11月1日現在、喜界町推計)=2007年7月6日、空撮

  • 写真・図版 : 喜界島は鹿児島市から南へ380㎞、奄美大島の北東端から25㎞の洋上にある。周囲48.6㎞の小さな隆起サンゴ礁の島に、3,236世帯、6,839人が暮らしている(2018年11月1日現在、喜界町推計)=2007年7月6日、空撮
  • 写真・図版 : 喜界島の喜界空港付近の「特攻花」=2005年9月16日
  • 写真・図版 : 奄美群島は1953年12月25日に日本に返還された。復興のため政府調査団一行が奄美を訪れ、のぼり旗を立てて歓迎の人垣が出来た
  • 写真・図版 : 喜界島観光物産協会公式サイトより
  • 写真・図版 : 戦闘指揮所跡。太平洋戦争末期、現在の喜界空港は沖縄方面の敵艦隊へと向かう特攻機が整備・給油を行う中継飛行場だった。特攻隊員は出撃前にこの「戦闘指揮所」で作戦指示を受けたと言われる=喜界町HPより

関連記事