メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 事故後の福島では、子供たちを外で遊ばせないようになったという。いくつかの小学校を担当されている校医さんが、「近視の子供たちが爆発的に増えている」とおっしゃった=2012年8月18日、福島県西郷村

事故後の福島では、子供たちを外で遊ばせないようになったという。いくつかの小学校を担当されている校医さんが、「近視の子供たちが爆発的に増えている」とおっしゃった=2012年8月18日、福島県西郷村

  • 写真・図版 :
  • 写真・図版 : 福島に入ると、こうしたメッセージボードを度々目にするようになった。農園経営者の慟哭(どうこく)が聞こえてきそうだ=2012年8月18日、福島県西郷村(写真はいずれも筆者撮影)
  • 写真・図版 : 事故後の福島では、子供たちを外で遊ばせないようになったという。いくつかの小学校を担当されている校医さんが、「近視の子供たちが爆発的に増えている」とおっしゃった=2012年8月18日、福島県西郷村
  • 写真・図版 : 避難してきた人々の車が津波に飲まれ、漏れ出たガソリンから火災が起きた。この小学校は校舎の一部が震災遺構として保存されることになった。つらい記憶を理由に、すべての解体を望む住人もいる=2012年9月11日、宮城県石巻市
  • 写真・図版 : 仮置き場の説明として「放射性物質を閉じ込める」「放射線を遮る」「放射線、放射性物質の監視」「人の接近を防ぐ」と書かれていた=2016年8月10日、福島市