メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : シベリアで抑留され日本政府に補償を求める人や支援者による大集会=1989年4月18日、東京・日比谷公園。この日、被害者62人を原告とする「シベリア抑留裁判」で東京地裁が請求を棄却した。しかし、こうした運動が、シベリア特措法成立や一時金支給に結びついた

シベリアで抑留され日本政府に補償を求める人や支援者による大集会=1989年4月18日、東京・日比谷公園。この日、被害者62人を原告とする「シベリア抑留裁判」で東京地裁が請求を棄却した。しかし、こうした運動が、シベリア特措法成立や一時金支給に結びついた

  • 写真・図版 : シベリアで抑留され日本政府に補償を求める人や支援者による大集会=1989年4月18日、東京・日比谷公園。この日、被害者62人を原告とする「シベリア抑留裁判」で東京地裁が請求を棄却した。しかし、こうした運動が、シベリア特措法成立や一時金支給に結びついた
  • 写真・図版 : シベリアで抑留され日本政府に補償を求める人や支援者による大集会=1989年4月18日、東京・日比谷公園。この日、被害者62人を原告とする「シベリア抑留裁判」で東京地裁が請求を棄却した。しかし、こうした運動が、シベリア特措法成立や一時金支給に結びついた
  • 写真・図版 : 1994年7月、戦傷年金不支給の取り消しを求めた裁判で請求が棄却された後、記者会見を開く原告・石成基さん(中央左)。もう一人の原告・陳石一さんは判決の2カ月前に亡くなり、妻の堺正子さんが遺影を抱えて臨んだ=東京・霞が関
  • 写真・図版 : 「忘れられた皇軍」で日本の戦後補償のあり方に一石を投じた大島渚監督
  • 写真・図版 : 「忘れられた皇軍」で日本の戦後補償のあり方に一石を投じた大島渚監督

関連記事