メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 初詣でにぎわう現代の明治神宮。初詣参拝客数は例年300万人を超え、全国最多を誇る

初詣でにぎわう現代の明治神宮。初詣参拝客数は例年300万人を超え、全国最多を誇る

  • 写真・図版 : 1926年ごろ、空から見た明治神宮外苑の施設群。明治天皇の大喪が行われた青山練兵場跡地に内務省明治神宮造営局が建設した。明治神宮外苑野球場(神宮球場)の左上、画面中央が明治神宮外苑角力場(現・神宮第二球場)。その左上が明治神宮外苑競技場。右は聖徳記念絵画館、野球場の手前は女子学習院(現在は秩父宮ラグビー場)、左は近衛歩兵第四連隊。神宮外苑競技場は1957年に取り壊され国立競技場(国立霞ケ丘陸上競技場)に建て替えられ、1964年東京五輪のメーン会場となった。
  • 写真・図版 : 神宮外苑競技場で行われた出陣学徒壮行会=1943年10月21日
  • 写真・図版 : 明治神宮鎮座を祝って訪れた参拝客の混雑ぶりを伝える当時の東京朝日新聞紙面=1920年11月2日付
  • 写真・図版 : 91歳で亡くなる直前の渋沢栄一=1931年10月
  • 写真・図版 : 1926年ごろ、空から見た明治神宮外苑の施設群。明治天皇の大喪が行われた青山練兵場跡地に内務省明治神宮造営局が建設した。明治神宮外苑野球場(神宮球場)の左上、画面中央が明治神宮外苑角力場(現・神宮第二球場)。その左上が明治神宮外苑競技場。右は聖徳記念絵画館、野球場の手前は女子学習院(現在は秩父宮ラグビー場)、左は近衛歩兵第四連隊。神宮外苑競技場は1957年に取り壊され国立競技場(国立霞ケ丘陸上競技場)に建て替えられ、1964年東京五輪のメーン会場となった。
  • 写真・図版 : 初詣でにぎわう現代の明治神宮。初詣参拝客数は例年300万人を超え、全国最多を誇る
  • 写真・図版 : 「青い目の人形」を持つ渋沢