メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 東京都内の盆踊り大会では今もほとんど必ず「東京音頭」で盛り上がる=2012年、8月17日、東京都千代田区の日比谷公園

東京都内の盆踊り大会では今もほとんど必ず「東京音頭」で盛り上がる=2012年、8月17日、東京都千代田区の日比谷公園

  • 写真・図版 : 東京都内の盆踊り大会では今もほとんど必ず「東京音頭」で盛り上がる=2012年、8月17日、東京都千代田区の日比谷公園
  • 写真・図版 : 作詞家の西条八十(1955年撮影)
  • 写真・図版 : 45万人の人出があったという池上本門寺の「お会式」も東京音頭が大人気と報じられた=1933年10月13日付「東京朝日新聞」
  • 写真・図版 : 傷病兵慰問のために中国大陸へ向けて出発する小唄勝太郎(車中右から2人目)
  • 写真・図版 :
  • 写真・図版 : 三島一声
  • 写真・図版 : 東京音頭大流行。記事には「町民のうけがいゝのでまだ所々でやつてゐる」「空地のまん中にやぐらを組みはやし音頭は電気蓄音器が取る」などとある=1933年9月4日付「東京朝日新聞」