メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 緑ケ丘保育園の屋根に落ちていた円筒形の部品=2017年12月7日、沖縄県宜野湾市野嵩2丁目、神谷武宏園長提供

緑ケ丘保育園の屋根に落ちていた円筒形の部品=2017年12月7日、沖縄県宜野湾市野嵩2丁目、神谷武宏園長提供

  • 写真・図版 : 米軍ヘリが墜落した沖縄国際大学の現場。機体は炎上し、原形をとどめていない。後ろはヘリがぶつかった1号館 =2004年8月14日、沖縄県宜野湾市
  • 写真・図版 : 緑ケ丘保育園の屋根に落ちていた円筒形の部品=2017年12月7日、沖縄県宜野湾市野嵩2丁目、神谷武宏園長提供
  • 写真・図版 : 米軍ヘリの窓落下などのトラブルに抗議する集会。集会には、ヘリの部品が見つかった保育園の園長や保護者も参加した=2017年12月29日、沖縄県宜野湾市
  • 写真・図版 : 普天間第二小学の校庭に落下した米軍大型ヘリコプターCH53Eの窓。沖縄県警が回収し、割れた風防の破片をはり合わせた=2017年12月13日、宜野湾署
  • 写真・図版 : 米軍ヘリの墜落で黒こげになった立ち木の前で開かれた墜落10年の集会=沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学
  • 写真・図版 : 参議院予算委員会で、社会党・岡田宗司氏の日米安全保障条約改定に関する質問に答える岸信介首相=1959年4月7日
  • 写真・図版 : 墜落事故で炎上し大破した米軍のヘリコプターCH53。日米地位協定は、事故原因究明の壁となってきた=2017年10月12日、沖縄県東村高江