メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」(黄色)に感染した細胞(緑色)。電子顕微鏡で撮影。米国立アレルギー・感染症研究所提供=ロイター

新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」(黄色)に感染した細胞(緑色)。電子顕微鏡で撮影。米国立アレルギー・感染症研究所提供=ロイター

  • 写真・図版 : 新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」=米国立アレルギー・感染症研究所提供
  • 写真・図版 : 新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」=米国立アレルギー・感染症研究所提供
  • 写真・図版 : アントニ・ファン・レーウェンフックの単式顕微鏡(ブールハーフェ博物館蔵)
  • 写真・図版 : 大型放射光施設「スプリング8」(画面下)と、X線自由電子レーザー施設「SACLA」(画面右上)=2013年、兵庫県佐用町、朝日新聞社ヘリから
  • 写真・図版 : 日本初のクライオ電子顕微鏡と発明者の藤吉好則氏。1986年撮影
  • 写真・図版 : 京都府の「松下電器産業国際研究所」時代の難波啓一氏(下から2段目右)と藤吉好則氏(下から2段目中央)。1995年撮影
  • 写真・図版 : タンパク質データバンクに登録されたクライオ電子顕微鏡による3Dマップは急増している
  • 写真・図版 : クライオ電子顕微鏡を使ったタンパク質構造研究の手順。凍らせたガラス状の薄い膜を作り、何千もの画像を撮影した後、コンピューターで3D構造を再構築する
  • 写真・図版 : 新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」(黄色)に感染した細胞(緑色)。電子顕微鏡で撮影。米国立アレルギー・感染症研究所提供=ロイター
  • 写真・図版 : 新型コロナウイルス「SARS-CoV-2」(黄色)に感染した細胞(緑色)。電子顕微鏡で撮影。米国立アレルギー・感染症研究所提供=ロイター