メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : KAAT神奈川芸術劇場で2020年1~2月に上演された『アルトゥロ・ウイの興隆』。ナチスの台頭をギャングの世界に置き換えたブレヒトの音楽劇を白井晃が演出、草彅剛が主演した=細野晋司撮影

KAAT神奈川芸術劇場で2020年1~2月に上演された『アルトゥロ・ウイの興隆』。ナチスの台頭をギャングの世界に置き換えたブレヒトの音楽劇を白井晃が演出、草彅剛が主演した=細野晋司撮影

  • 写真・図版 : KAAT神奈川芸術劇場で2019年4月に上演された『春のめざめ』(白井晃演出)=宮川舞子撮影
  • 写真・図版 : KAAT神奈川芸術劇場で2020年1~2月に上演された『アルトゥロ・ウイの興隆』。ナチスの台頭をギャングの世界に置き換えたブレヒトの音楽劇を白井晃が演出、草彅剛が主演した=細野晋司撮影
  • 写真・図版 : 『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~』の舞台。『CATS』などで知られる作曲家A・ロイド=ウェバーが手掛けたミュージカルの日本初演で、三浦春馬、生田絵梨花らが出演。チケット入手が困難な人気作だったが公演途中で閉幕した=写真提供:東宝演劇部
  • 写真・図版 : 劇場では『アーリントン』の舞台セットを組む作業が行われた。時も場所も分からない「待合室」が舞台の物語が上演されるはずだった
  • 写真・図版 : 『ある馬の物語』のチラシ。俊足の馬を俳優の成河が演じるという舞台ならでの自由な発想の音楽劇になる予定だった
  • 写真・図版 : KAAT神奈川芸術劇場で2019年1~2月に上演されたサルトル作、白井晃演出『出口なし』の舞台=大河内禎撮影
  • 写真・図版 : KAAT神奈川芸術劇場に親しんでもらおうと定期的に開催している無料のトーク企画『SHIRAI's CAFE』。この日のゲストは音楽家の曽我大穂だった=2019年6年1日、新江周平撮影
  • 写真・図版 : KAAT神奈川芸術劇場で2019年4月に上演された『春のめざめ』。思春期の少年少女の心身の揺れを描いた19世紀ドイツの戯曲が白井晃演出によって、みずみずしい現代の舞台になった=宮川舞子撮影