メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 女子中高生に最先端の理学研究に触れてもらおうと開かれた立教大の「チャレンジ・ラボ」。この日は、学部や大学院の女子学生(右)がアシスタント役を務め、ルミノール反応の実験をした=2019年9月28日、東京都豊島区の立教大学、三島あずさ撮影

女子中高生に最先端の理学研究に触れてもらおうと開かれた立教大の「チャレンジ・ラボ」。この日は、学部や大学院の女子学生(右)がアシスタント役を務め、ルミノール反応の実験をした=2019年9月28日、東京都豊島区の立教大学、三島あずさ撮影

  • 写真・図版 : 女子中高生に最先端の理学研究に触れてもらおうと開かれた立教大の「チャレンジ・ラボ」。この日は、学部や大学院の女子学生(右)がアシスタント役を務め、ルミノール反応の実験をした=2019年9月28日、東京都豊島区の立教大学、三島あずさ撮影
  • 写真・図版 : 図1:在学生(文部科学省「学校基本調査」)と新規採用者(総務省「科学技術研究調査」)の専門分野別女性割合=2019年版のデータより筆者作成。ただし、総務省のデータは文科系について分野別になっていないため、新規採用者(赤)は理科系だけ示した。
  • 写真・図版 : 図2:女性(左)と男性の専攻分野の推移=文部科学省「学校基本調査」(各年度)より作成
  • 写真・図版 : 図3:教員約2万3800人のジェンダー意識の調査結果=国立女性教育会館「学校教員のキャリアと生活に関する調査」(2018年)より
  • 写真・図版 : 図4:文科省「教員統計調査」(2015)より筆者作成