メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 山形交通フラワー長井線の最上川橋梁。1886年に桁が製作された日本最古の現役鉄道橋梁で、135年にわたって使われている。当初は東海道線の木曽川に架かっていたが、1923年に移築された=伊東⼤治撮影

山形交通フラワー長井線の最上川橋梁。1886年に桁が製作された日本最古の現役鉄道橋梁で、135年にわたって使われている。当初は東海道線の木曽川に架かっていたが、1923年に移築された=伊東⼤治撮影

  • 写真・図版 : 熊本豪雨により、JR肥薩線の渡駅付近の線路はえぐられ、曲がっていた=2020年7月5日、金子淳撮影
  • 写真・図版 : 終電の後、大阪市内の駅でレール交換などの保線作業をする人たち=白井伸洋撮影
  • 写真・図版 : 北海道のJR釧網線で枕木を交換する人たち=神村正史撮影
  • 写真・図版 : 脱線した車両を調べる会津鉄道の関係者=2019年12⽉25⽇、⼾松康雄撮影
  • 写真・図版 : 山形交通フラワー長井線の最上川橋梁。1886年に桁が製作された日本最古の現役鉄道橋梁で、135年にわたって使われている。当初は東海道線の木曽川に架かっていたが、1923年に移築された=伊東⼤治撮影
  • 写真・図版 : 台風20号の影響で崩れた神戸電鉄花山―大池駅間の法面=2018年8月24日、朝日新聞社ヘリから、細川卓撮影
  • 写真・図版 : JR日田彦山線の復旧を願って福岡県東峰村の線路脇に設置された看板。協議の結論は廃線、BRT化の道だった=岩⽥誠司撮影
  • 写真・図版 : 健康度を5段階(A健全、B良好、C要注意、D要警戒、E危機的)、維持管理の体制を3段階(上向き、横ばい、下向き)で評価。新幹線の健康度は三つのグループとは別に評価された