メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 図2:クライオ電子顕微鏡から解かれた新型コロナウイルス突起たんぱく質の融合前の構造=ジェイソン・マクレラン博士/テキサス大学オースティン校

図2:クライオ電子顕微鏡から解かれた新型コロナウイルス突起たんぱく質の融合前の構造=ジェイソン・マクレラン博士/テキサス大学オースティン校

  • 写真・図版 : ジェイソン・マクレラン博士=本人提供
  • 写真・図版 : 図1:新型コロナウイルスのイラスト。赤い色の部分が融合前の突起たんぱく質である(実際は赤いわけではない)=andrea crisante/shutterstock.com
  • 写真・図版 : 図2:クライオ電子顕微鏡から解かれた新型コロナウイルス突起たんぱく質の融合前の構造=ジェイソン・マクレラン博士/テキサス大学オースティン校
  • 写真・図版 : 図3:ヒトの細胞と出会うと劇的に形が変化するコロナウイルス突起たんぱく質=https://www.pnas.org/content/114/35/E7348.shortより改変
  • 写真・図版 : 図4:試験管内で作らせた突起たんぱく質のクライオ電子顕微鏡画像。融合前の型(青枠)と、バネが伸びた融合後の型(赤枠)が混じっている。左はMERS、右はSARSの突起たんぱく質=マクレラン博士らの論文(下のリンク)から改変