メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 陸軍大臣として熱弁をふるった荒木貞夫(1877~1966)

陸軍大臣として熱弁をふるった荒木貞夫(1877~1966)

  • 写真・図版 : 首相官邸で行われた犬養毅首相の葬儀。ヴィオリスも参列し、その様子を伝えている=1932年5月19日
  • 写真・図版 : 『1932年の大日本帝国――あるフランス人記者の記録』(大橋尚泰訳、草思社) カバー写真は、ヴィオリスが傍聴した1932年3月22日の帝国議会に出席した閣僚たち。右端が犬養毅首相。装幀者は鈴木正道(Suzuki Design)=筆者提供
  • 写真・図版 : アンドレ・ヴィオリス(1870~1950)は第一次世界大戦中の1917年、英国首相ロイド・ジョージへの独占インタビューを成功させ、英国内の新聞各紙でも注目された https://fr.wikipedia.org/wiki/Andr%C3%A9e_Viollis#/media/Fichier:Andr%C3%A9e_Viollis.jpg
  • 写真・図版 : (訳注)通称「国会通り」(右)。ヴィオリスが来日した1932年は新国会議事堂が建設中。大通りの左側の仮議事堂(現在、衆議院第二別館があるあたり)で議会が開かれた=筆者提供
  • 写真・図版 : (訳注)社会民衆党の安部磯雄(右、1865~1949)と日本国家社会党の赤松克麿(左、1894~1955)=筆者提供
  • 写真・図版 : (訳注)1930年代の皇居周辺(右)と日比谷公園(左)=筆者提供
  • 写真・図版 : 陸軍大臣として熱弁をふるった荒木貞夫(1877~1966)
  • 写真・図版 : 国本社会長としてアンドレ・ヴィオリスの取材を受けた平沼騏一郎(1867~1952)
  • 写真・図版 : キリスト教的人道主義の思想や社会主義運動の先覚者、安部磯雄(1865~1949)
  • 写真・図版 : 犬養毅首相の死亡を伝える大阪朝日新聞(1932年5月16日付)