メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 1993年6月14日、宮沢喜一首相の私邸につめかけ直訴する「政治改革を実現する若手議員の会」の議員たち。首相は「今国会で必ず政治改革を実現させます」と言い続けたが法案は成立せず、改革はいったん断念に追い込まれた

1993年6月14日、宮沢喜一首相の私邸につめかけ直訴する「政治改革を実現する若手議員の会」の議員たち。首相は「今国会で必ず政治改革を実現させます」と言い続けたが法案は成立せず、改革はいったん断念に追い込まれた

  • 写真・図版 : 衆院選を巡る「一票の格差」訴訟の弁論が開かれた最高裁大法廷=2013年10月23日、東京都千代田区隼町
  • 写真・図版 : 公職選挙法違反(買収)容疑で東京地検特捜部に逮捕された前法相を乗せ、東京拘置所に向かう車両=2020年6月18日、東京都千代田区
  • 写真・図版 : 小選挙区制の導入を柱とした政治改革関連法案について、細川護煕首相と野党・自民党の河野洋平総裁のトップ会談が1994年1月28日夜に開かれ、修正のうえ成立させることで合意した。日付が変わった共同記者会見で、合意書に署名する河野総裁(左)と細川首相=1994年1月29日午前0時50分、国会内
  • 写真・図版 : 1990年12月28日、自民党が小選挙区制など政治改革基本要綱を決めたことを受け、海部俊樹首相の呼びかけで与野党党首会談が個別に行われた。首相は「国会決議にもかかわらず定数格差是正は中選挙区制では至難。選挙制度の根源的改革が必要」と協力を要請。野党側は「40%の得票で80%の議席が取れるのは憲法違反」などと反発し現行制度で定数是正に取り組むべきと主張した
  • 写真・図版 : 1991年11月19日、小選挙区比例代表並行制の導入断念に対する批判が相次いだ自民党総務会。中央は口火を切った後藤田正晴・前政治改革推進本部長代理。右は加藤六月政調会長。海部内閣で、中選挙区を廃止して小選挙区制と比例代表制の併用型とする改革案を伊東正義本部長と後藤田氏が中心に進めたが、改革慎重派や党内異論から廃案となり、海部内閣退陣(11月5日)につながった
  • 写真・図版 : 政治改革関連法案の国会審議が大詰めを迎える中、細川連立内閣の羽田孜副総理・外相、山花貞夫・政治改革担当相らが東京・渋谷駅頭で街頭演説を行い、小選挙区制導入など政治改革の必要性を訴えた=1993年11月13日
  • 写真・図版 : 今年の富山市長選では、自民党が6人から1人の推薦候補を決める予備選挙を実施。合同で街頭演説や立会演説会、記者会見などをした。写真は公開討論会=2021年1月26日
  • 写真・図版 : 衆議院山口3区内にある宇部市の市長選投開票日に、当選した候補者の陣営に駆けつけ拍手する林芳正参院議員(左)と河村建夫衆院議員(右)=2020年11月22日、山口県宇部市相生町
  • 写真・図版 : 2017年の衆院選で、惜敗率97%ながら比例区で復活当選できなかった馬淵澄夫氏。落選の翌朝、駅頭でマイクを握った。翌々年、繰り上げ当選で国政に復帰した=2017年10月23日、奈良市
  • 写真・図版 : 2017年衆院選の小選挙区で落選し、惜敗率32%で比例区で復活当選した井上一徳氏=2017年10月22日、京都府舞鶴市
  • 写真・図版 : 候補者の名前を連呼しながら、選挙カーから手を振って支持を訴える運動員たち=2014年12月
  • 写真・図版 : 1996年10月の衆院選で小選挙区比例代表並立制が初めて導入された。栗本慎一郎氏(自民)は前回、中選挙区の旧東京3区で当選。96年の小選挙区選挙でも新東京3区で当選したが、学者・評論家としての高い知名度を持ちながらもドブ板選挙を強いられた。写真は選挙区内の仮装パレードに参加して支持を訴える栗本氏
  • 写真・図版 : 1994年11月21日、衆院選挙に小選挙区制を導入するための区割り法(改正公職選挙法)案などの関連法が参院本会議で可決、成立した。これにより、衆院の選挙制度は戦後初めて小選挙区を基調とする制度に改められた
  • 写真・図版 : 1993年6月14日、宮沢喜一首相の私邸につめかけ直訴する「政治改革を実現する若手議員の会」の議員たち。首相は「今国会で必ず政治改革を実現させます」と言い続けたが法案は成立せず、改革はいったん断念に追い込まれた
  • 写真・図版 : 米国の大統領選挙では、政党それぞれが党の公認する大統領候補を選出するための予備選挙を実施する。予備選挙は州ごとに代議員を選出する形をとる。写真は、2020年の民主党の予備選で支持を訴えるジョー・バイデン前副大統領=2020年2月29日、米サウスカロライナ州コロンビア