メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 図3:オランダのMosa Meat社による細胞培養肉バーガー。当社は欧州における細胞農業産業団体であるCellular Agriculture Europeの立ち上げにおいても主導的な役割を果たしている。(写真はMosa Meat提供。)

図3:オランダのMosa Meat社による細胞培養肉バーガー。当社は欧州における細胞農業産業団体であるCellular Agriculture Europeの立ち上げにおいても主導的な役割を果たしている。(写真はMosa Meat提供。)

  • 写真・図版 : 図3:オランダのMosa Meat社による細胞培養肉バーガー。当社は欧州における細胞農業産業団体であるCellular Agriculture Europeの立ち上げにおいても主導的な役割を果たしている。(写真はMosa Meat提供。)
  • 写真・図版 : 図3:オランダのMosa Meat社による細胞培養肉バーガー。当社は欧州における細胞農業産業団体であるCellular Agriculture Europeの立ち上げにおいても主導的な役割を果たしている。(写真はMosa Meat提供)
  • 写真・図版 : 図1:生きた牛を殺さずに3mm程度の生体を取り出し、細胞を採取する。(写真はMosa Meat提供)
  • 写真・図版 : 図2:採取した細胞を、穀物などからとった糖分やアミノ酸などが入った「培養液」に浸して成長させる。(写真はMosa Meat提供)
  • 写真・図版 : 米国のBlueNalu社による、細胞培養ブリの輪切り添えビスク。細胞培養シーフードへの関心も高まっており、同社は2021年1月に米国サンディエゴに工場を設立するなどの目的で66億円相当の資金調達に成功した。(写真はBlueNalu提供)
  • 写真・図版 : イスラエルのAleph Farms社による牛リブロースのステーキ。細胞農業では「分厚い」肉を形成することが難しいと言われている中で、当社は敢えてステーキ肉の技術開発を進めている。(写真はAleph Farms提供)
  • 写真・図版 : イスラエルのAleph Farms社による牛リブロースのステーキ。細胞農業では「分厚い」肉を形成することが難しいと言われている中で、当社は敢えてステーキ肉の技術開発を進めている。(写真はAleph Farms提供)
  • 写真・図版 : 日本のインテグリカルチャー社による細胞培養フォアグラ。当社は細胞培養技術をもたない企業や事業者も細胞培養製品市場に参入できるように、CulNetSystem™という動物由来原料・食料の生産機開発を行っている。(写真はインテグリカルチャー提供)
  • 写真・図版 :
  • 写真・図版 :