メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : アラスカ州議会で写真家・星野道夫さんが功彰された。式典後、州議会議事堂前で表彰状を手にする妻・直子さん(中央)と、道夫の友人で表彰の発案者となったボブ・サムさん(左)、成立に尽力した州議会議員のジョナサン・トムキンさん=撮影・Peter Metcalfe

アラスカ州議会で写真家・星野道夫さんが功彰された。式典後、州議会議事堂前で表彰状を手にする妻・直子さん(中央)と、道夫の友人で表彰の発案者となったボブ・サムさん(左)、成立に尽力した州議会議員のジョナサン・トムキンさん=撮影・Peter Metcalfe

  • 写真・図版 : アラスカ州議会で写真家・星野道夫さんが功彰された。式典後、州議会議事堂前で表彰状を手にする妻・直子さん(中央)と、道夫の友人で表彰の発案者となったボブ・サムさん(左)、成立に尽力した州議会議員のジョナサン・トムキンさん=撮影・Peter Metcalfe
  • 写真・図版 : グリズリー(ヒグマ)の親子。子熊の1頭が星野さんを好奇心そのもので見ているようだが、母熊は完全無視している。子連れの母熊の警戒心の強さを考えると、星野さんの存在を知っているのに、小鳥か何かのような背景と見なしているとしか考えられない=撮影・星野道夫
  • 写真・図版 : 1987年9月26日夕方、留学生5人と星野さん(奥)のキャビンを訪れた際の写真。星野さんが振る舞ってくれたムースの薫製肉をほおばる筆者(手前)。アラスカ大学に入学する日本人は大学院を含めてすら年平均1人以下で、交換留学生も6~7人だったので、このようなことが可能だった。
  • 写真・図版 : 1988年9月18日、留学生ら日本人3人を連れてデナリ国立公園に行った時、ばったり出会った星野さんと撮った写真。バックは北米最高峰のデナリ(旧マッキンリー)。
  • 写真・図版 : 夜空に舞う赤いオーロラ=撮影・星野道夫