メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 粗放的果樹園と牧草地も、連邦政府の法改正(昆虫保護法)により、2021年以降はビオトープに指定できる=2016年8月、ドイツ・ボン郊外、筆者撮影

粗放的果樹園と牧草地も、連邦政府の法改正(昆虫保護法)により、2021年以降はビオトープに指定できる=2016年8月、ドイツ・ボン郊外、筆者撮影

  • 写真・図版 : ドイツのスーパーマーケットに並ぶ有機野菜=2019年11月、筆者撮影
  • 写真・図版 : ドイツのスーパーマーケットに並ぶ有機野菜=2019年11月、筆者撮影
  • 写真・図版 : 草原もビオトープ(生物空間)として利用。看板には「新鮮な卵あります」=2019年2月、ドイツ・ボン郊外、筆者撮影
  • 写真・図版 : ミュンヘン市内にあった「ハチを救え」キャンペーンのポスター=2019年1月、筆者撮影
  • 写真・図版 : 粗放的果樹園と牧草地も、連邦政府の法改正(昆虫保護法)により、2021年以降はビオトープに指定できる=2016年8月、ドイツ・ボン郊外、筆者撮影
  • 写真・図版 :
  • 写真・図版 :