メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 新型コロナウイルスの感染拡大により都市封鎖された状態の武漢の市街地=2020年4月7日

新型コロナウイルスの感染拡大により都市封鎖された状態の武漢の市街地=2020年4月7日

  • 写真・図版 : 図1:『中国武漢市PCR調達報告書』の元データとなったエクセルファイル(抜粋)。このように、調達案件データ507件が22項目で整理されている。
  • 写真・図版 : 図1:「中国武漢市PCR調達報告書」の元データとなったエクセルファイル(抜粋)。このように、調達案件データ507件が22項目で整理されている。
  • 写真・図版 : 図2:「2007-2019年 年別PCR機器落札総額と発注機関内訳(中国湖北省)」。『中国武漢市PCR調達報告書』のFigure 2より筆者一部加筆修正。2019年は2018年と2017年を足したよりも多額の調達をしていることが分かる。
  • 写真・図版 : 図3:「2019年 月別PCR機器落札総額と発注機関内訳(中国湖北省)」。『中国武漢市PCR調達報告書』のFigure 6より筆者一部加筆修正。例年とは異なる月別調達パターンが見て取れる
  • 写真・図版 : 図4:「2007-2018年 月別PCR機器落札総額と発注機関内訳(中国湖北省)」。『中国武漢市PCR調達報告書』のFigure 15より筆者一部加筆修正。5月から徐々に調達量が増加しており、また「感染症対策センター(赤)」や「動物疾病予防管理センター(茶)」による調達が多い2019年のトレンドを示す【図3】とは異なっていることが確認できる。
  • 写真・図版 : 図5:「2018年 月別PCR機器落札総額と発注機関内訳(中国湖北省)」。『中国武漢市PCR調達報告書』の補足資料より筆者一部加筆修正。5月から徐々に調達量が増加しており、また「感染症対策センター(赤)」や「動物疾病予防管理センター(茶)」による調達が多い2019年のトレンドを示す【図3】とは異なっていることが確認できる。
  • 写真・図版 : 図6:「2017年 月別PCR機器落札総額と発注機関内訳(中国湖北省)」。『中国武漢市PCR調達報告書』の補足資料より筆者一部加筆修正。5月から徐々に調達量が増加しており、また「感染症対策センター(赤)」や「動物疾病予防管理センター(茶)」による調達が多い2019年のトレンドを示す【図3】とは異なっていることが確認できる。
  • 写真・図版 : 図9:「2013-2019年 年別PCR機器落札総額(中国主要地域)*」。『中国武漢市PCR調達報告書』のFigure 14より筆者一部加筆修正。【図2】の湖北省における年別調達パターンは中国主要地域の全てに見られる共通パターンではないことが確認できる。
  • 写真・図版 : 図10:「2007-2019年 年別PCR機器調達案件数と発注機関内訳(中国湖北省)」。『中国武漢市PCR調達報告書』の補足資料より筆者一部加筆修正。【図2】の湖北省における年別調達パターンと同じ右肩上がりの全体傾向が調達案件数からも見て取れる。
  • 写真・図版 : 図7:「2015-2019年 武漢科技大学PCR機器発注件数・総額」。『中国武漢市PCR調達報告書』のFigure 10より筆者一部加筆修正。前年までほぼ調達実績が無かった武漢科技大学で、2019年より急激に調達額が伸びていることが確認できる。
  • 写真・図版 : 図8:「2019年 月別武漢科技大学PCR機器発注件数・総額」。『中国武漢市PCR調達報告書』のFigure 10より筆者一部加筆修正。2019年9月・10月に調達の大部分が行われていることが確認できる。
  • 写真・図版 : 新型コロナウイルスの感染拡大により都市封鎖された状態の武漢の市街地=2020年4月7日
  • 写真・図版 : Checkin/shutterstock.com
  • 写真・図版 : Outflow_Designs/shutterstock.com
  • 写真・図版 : 武漢市郊外にある中国科学院武漢ウイルス研究所。灰色のコンクリート製の建物(写真中央)が最高水準の安全基準「バイオセーフティーレベル4」の実験棟=2021年6月、中国・湖北省武漢市