メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 国民発議を行なった被害女性の母・アニタさん(左)とその姉のドリスさん。手にしているのは、娘が襲われた事件現場の写真を載せた自作のリーフレット=筆者撮影

国民発議を行なった被害女性の母・アニタさん(左)とその姉のドリスさん。手にしているのは、娘が襲われた事件現場の写真を載せた自作のリーフレット=筆者撮影

  • 写真・図版 : 国民発議を行なった被害女性の母・アニタさん(左)とその姉のドリスさん。手にしているのは、娘が襲われた事件現場の写真を載せた自作のリーフレット=筆者撮影
  • 写真・図版 : ほとんどの有権者は事前の郵便投票を使い、投票所に足を運ぶ人はわずか。投開票日の正午には締め切りとなる。チューリヒ市内の投票所で=筆者撮影
  • 写真・図版 : ローマ市内に張り出された反対派のポスター。原発再開を可能にする法律の廃止に賛成するよう呼び掛けている。勝ち目がないと考えた廃止反対派は「投票率50%未満でのイニシアティブ無効」を狙ってボイコット戦術をとったため、ポスター類はなし=筆者提供
  • 写真・図版 :
  • 写真・図版 : イタリアの選管が公開した投票用紙の見本。投票用紙には、国民投票で何が問われているのかが記されている。[原子力発電の国内での生産を認める新制度の廃止][当該する法律の廃止を望むか/賛成:反対]
  • 写真・図版 : 2011年6月の原発をめぐるイタリアの国民投票では、環境保護団体グリーンピースが、放射性廃棄物用ドラム缶の巨大模型とともに、ローマ市内を一望できるピンチョの丘に掲げた
  • 写真・図版 : ミズーリ州の住民投票で労働権の導入が否決される見通しになり、喜ぶ労組メンバーたち=2018年8月、セントルイス、江渕崇撮影