メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 太田昌克、兼原信克、高見澤將林、番匠幸一郎『核兵器について、本音で話そう』(新潮新書)

太田昌克、兼原信克、高見澤將林、番匠幸一郎『核兵器について、本音で話そう』(新潮新書)

  • 写真・図版 : Olga Khasanova/Shutterstock.com
  • 写真・図版 : Serhii Milekhin/Shutterstock.com
  • 写真・図版 : 太田昌克(おおた・まさかつ) 1968年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。政策研究大学院大学博士課程修了。博士(政策研究)。92年、共同通信社に入社。広島支局、外信部、ワシントン支局などを経て、共同通信編集委員。2006年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『日米中枢9人の3.11──核溶融7日間の残像』(かもがわ出版)、『日米〈核〉同盟──原爆、核の傘、フクシマ』(岩波新書)、『秘録──核スクープの裏側』(講談社)など
  • 写真・図版 : 太田昌克、兼原信克、高見澤將林、番匠幸一郎『核兵器について、本音で話そう』(新潮新書)