メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

写真・図版 : 米兵の暴行事件に抗議する県民総決起大会で、沖縄の言葉で「ニジティン  ニジララン(もうこれ以上我慢できない)」と書かれたプラカードなどを掲げる参加者たち=1995年10月21日、沖縄県宜野湾市の海浜公園

米兵の暴行事件に抗議する県民総決起大会で、沖縄の言葉で「ニジティン  ニジララン(もうこれ以上我慢できない)」と書かれたプラカードなどを掲げる参加者たち=1995年10月21日、沖縄県宜野湾市の海浜公園

  • 写真・図版 : 沖縄祖国復帰協議会〔復帰協)主催の復帰要求県民総決起大会後、「核付(つき)返還反対」などのプラカードを掲げ、提灯行列をする参加者。皆で「沖縄を返せ」を唱和した=1968年4月28日、那覇市寄宮(現・寄宮1丁目)の与儀公園近く
  • 写真・図版 : 三線を手にした大工哲弘さん=2013年2月20日、松本滋さん提供
  • 写真・図版 : 米兵の暴行事件に抗議する県民総決起大会で、沖縄の言葉で「ニジティン  ニジララン(もうこれ以上我慢できない)」と書かれたプラカードなどを掲げる参加者たち=1995年10月21日、沖縄県宜野湾市の海浜公園
  • 写真・図版 : 米兵の暴行事件に抗議する県民総決起大会の会場をぎっしりと埋めた参加者=1995年10月21日、沖縄県宜野湾市の海浜公園、本社ヘリから
  • 写真・図版 : 講演で沖縄復帰の記憶の継承の必要を訴える山城博治さん=2022年5月28日、奈良県橿原市
  • 写真・図版 :
  • 写真・図版 :