メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 「外交政策は政策評価になじまない」。そういう意見を聞くことがある。

 外交はその時々の国際情勢の変化に柔軟に対応しなければならないし、その時々に取った行動が中長期的にどのような結果を招くのかを予測するのは難しい、とりわけ公共事業のように数値化してその成否を判断するのは難しい面もある。しかし、だからといって明確な目標を定めずに曖昧なままで外交が行われて良いわけではない。特に、政党がマニフェストという形で国民に真を問う以上は、外交政策についても、その目標は明確で、実践の成否が一般国民から客観的に判断できるものでなくてはならないだろう。

 参院選に向けて6月17日に民主党が発表したマニフェストは、その意味において、昨年衆院選時のマニフェストから改善が見られると筆者は考える。例えば、今回のマニフェストでは、前回のマニフェストには無かった項目で具体的な成否が判断できる新しい項目がいくつか加えられている。例えば、政府開発援助(ODA)について、「質・量ともに強化」するとしている。質の強化の判断は容易でないが、量については金額が増えていれば公約は守られていることが誰の目にも明らかである。また、「防衛大綱・中期防衛計画を本年中に策定」する、「防衛装備品の民間転用を推進」という項目は、策定されているか否か、転用が進んでいるかどうか、といった尺度で判断できる。 ・・・ログインして読む
(残り:約814文字/本文:約1392文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

水田愼一

水田愼一(みずた・しんいち) 水田愼一(三菱総合研究所海外事業研究センターシニア政策アナリスト)

三菱総合研究所海外事業研究センターシニア政策アナリスト。東京都生まれ。ニューヨーク大学大学院修士課程修了(国際関係論)。東京大学大学院博士課程修了(博士(国際貢献))。1996年外務省入省後、北米局、在米日本国大使館、欧州局、アジア大洋州局、大臣官房を経て退官、2002年11月より現職。専門は、外交・安全保障、平和構築、国際協力、通商政策、貿易・投資等の分野。

水田愼一の記事

もっと見る