メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

外相と大使の間にホットラインを

高成田享

高成田享 仙台大学体育学部教授(スポーツメディア論)

 外務省出身の大使の最大の欠点は、それが外務省という世界でのポストにすぎないということだと思う。赴任した国を愛し、その国との交流に力を入れるよりも、次はもっといいポストにという意識が強いと、親善よりも、日本に顔を向けた仕事をしがちになるのではないか。

 民間人を起用する場合、その国との結びつきが終始されるはずだから、小国の次は大国の大使にといった例は少ないはずだ。

 中国の駐日大使などは、まさに外務官僚のポストだから、日本だけが例外ではないが、米国の駐日大使を見ていると、学者、政治家、実業家、国務省官僚など多彩で、それぞれに味が出ていると思う。

 大統領との個人的な結びつきが深かったり、大統領も一目置かざるを得なかったり、という大使もあり、長期的な日米関係を考えて、実行した人も多かったと思う。マンスフィールド大使やモンデール大使を思い浮かべると、それに見合う日本の駐米大使はいるだろうかと考えてしまう。

 民間人の大使は、商社や金融関係の人が多く、出身母体の利益を優先するのではといった懸念もある。しかし、民間人大使にとっては、周りは「これだから民間人は困る」という実例をさがしている役人ばかりという面もあり、やりたくてもできない、のが実情だと思う。

 公電を書く能力は外務官僚のほうが得意かもしれないが、相手国の人たちが付き合って面白い人物は、大使に選ばれる民間人のほうが多いと思う。それに、マネジメントの能力としては、「課長になれなくても大使にはなれる」という外務官僚よりは、起用される大使のほうが上という例が多いのではないか。 ・・・ログインして読む
(残り:約517文字/本文:約1183文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

高成田享

高成田享(たかなりた・とおる) 仙台大学体育学部教授(スポーツメディア論)

1948年、岡山市生まれ。71年に朝日新聞社に入り、経済部記者、アメリカ総局長、論説委員などを経て、2008年から石巻支局長。この間、テレビ朝日系「ニュースステーション」キャスターも経験。2011年2月に退職し、仙台大学教授。東日本大震災後、復興構想会議の委員を務める。主な著書に『ディズニーランドの経済学』(共著、朝日文庫)、『こちら石巻 さかな記者奮闘記――アメリカ総局長の定年チェンジ』(時事通信出版局)、『さかな記者が見た大震災 石巻讃歌』(講談社)など。

高成田享の記事

もっと見る