メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

バントヒット狙いでしたたかに~支持率低迷内閣の生き方

菅沼栄一郎

菅沼栄一郎 朝日新聞記者(地域報道部)

 菅直人内閣の支持率が27%に急落した。

 と伝える記事のなかで、おやっ、と思った記述がある。

 衆院の解散総選挙を「急ぐ必要はない」が60%。「できるだけ早く実施すべきだ」の31%を大きく上回っていたのだ。これはどういうことか。

 民主党内閣に愛想を尽かしたのなら、再び政権交代を、という世論の流れになってもおかしくはない。もう一度自民党に、あるいは、今度こそみんなの党を中心にした政界再編をといった展開を求めるなら、いっそ解散を、となるのが普通だろう。

 待てよ。ここで内閣を代えても、どれだけ世の中が変わるのか。そんな、あきらめにも似た「期待値の低さ」が、こうした世論の動向に、感じられないだろうか。

 5年間続いた小泉政権以降、安倍、福田、麻生、そして政権交代をはさんで鳩山と、私たちは「日替わり定食」ならぬ「年替わり内閣」を経験してきた。この間、何が変わったのか。首相を代えて、政権を代えて、何を得ることができたのか。

 実は、しばらく前から、政権党は「利益を配分」することができにくくなった。成長時代には公共事業や補助金をはじめ拡大するパイをばらまいていれば政権を継続できた。が、人口が減り高齢化が進んで生産人口が縮む中で、政権党はもっぱら「痛み=負担の配分」を国民に説得する損な役回りに変わった。初めから消費税の引き上げを言い出した菅首相に限らず、どの首相の顔も3カ月とたたないうちに疫病神に見え始めるというのが、マイナス成長時代の首相の運命になりつつあるのではないか。

 他方で、 ・・・ログインして読む
(残り:約598文字/本文:約1239文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菅沼栄一郎

菅沼栄一郎(すがぬま・えいいちろう) 朝日新聞記者(地域報道部)

朝日新聞記者 1955年11月27日生まれ。80年、新聞記者に。福島支局、北海道報道部、東北取材センターなど地域を歩く。この間、政治部で自民党などを担当。著書に『村が消えた――平成大合併とは何だったのか』(祥伝社新書)、『地域主権の近未来図』(朝日新書、増田寛也・前岩手県知事と共著)。

菅沼栄一郎の記事

もっと見る