メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「大連立」樹立の条件とは?

櫻田淳

櫻田淳 東洋学園大学教授

 「民主党トロイカ」の退場

 六月二日午後、衆議院に提出されていた内閣不信任案が否決された。不信任案採決直前、菅直人(内閣総理大臣)が表明した「辞意」と思しきものは、不信任案否決に向けた民主党内の流れを作ったかもしれないけれども、それは、菅の退場への道を却って踏み固めるようになったようである。

拡大2009年8月30日、政権交代を決めた衆院選で、当選者の名前に花をつける民主党の鳩山由紀夫代表(左)と小沢一郎幹事長。右端は菅直人代表代行=肩書はいずれも当時
 此度の不信任案否決に絡む経緯は、菅、鳩山由紀夫(前内閣総理大臣)、そして小澤一郎(元民主党代表)という政治群像の「落日」を告げるものになろう。

 菅は、確かに一時は不信任案否決を通じて政権の危機を脱したように見えたけれども、後に残されたのは、その露骨な背信による混乱であった。鳩山は、菅の背信に接して「ペテン師」の言葉で菅を非難したけれども、その姿には、一国の宰相を務めたとは信じられないほどの浅薄さと滑稽さが漂っていた。

 そして、小澤は、不信任案採決前夜、「造反」に向けた気勢を挙げたものの、実際の採決では欠席し、多くの同志議員を自主投票に委ねた。凡そ政治家に要請されるものとは裏腹な性向が、菅、鳩山、そして小澤の「民主党トロイカ」には三者三様の姿で現れた。

 こうした風景は、「民主党トロイカ」からの人心離反を加速させ、その政治上の威信を決定的に失墜させるものであろう。

・・・ログインして読む
(残り:約1374文字/本文:約1908文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

櫻田淳

櫻田淳(さくらだ・じゅん) 東洋学園大学教授

1965年宮城県生まれ。北海道大法学部卒、東京大大学院法学政治学研究科修士課程修了。衆議院議員政策担当秘書などを経て現職。専門は国際政治学、安全保障。1996年第1回読売論壇新人賞・最優秀賞受賞。2001年第1回正論新風賞受賞。著書に『国家への意志』(中公叢書)、『「常識」としての保守主義』(新潮新書)など。

櫻田淳の記事

もっと見る