メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

トルコ総選挙と東南部のクルド人地域

高橋和夫

高橋和夫 放送大学教養学部教授(国際政治)

 6月12日(日)に予定されているトルコの総選挙に関しての大方の予想は、与党の公正発展党の圧勝である。2002年に成立した公正発展党の政権は、長年トルコに厄病のように取り付いていたインフレを克服し、経済を順調に成長させてきた。2007年の前回の総選挙で、国民は公正発展党に定数550の議会の3分の2に近い341議席を与えた。与党の圧勝であった。

 事前の世論調査によれば、今回の選挙でも公正発展党の同様な勝利が確実視されている。理由は経済であり、外交である。

 昨年後半の経済成長率は10パーセントを超えており、中国と並ぶほどの経済の拡大であった。また外交面でもレジェップ・タイップ・エルドアン首相の活躍が目立つ。

  同首相は、2008年12月に始まったイスラエルのガザ攻撃を激しく非難した。これが、パレスチナ人への同情を強めつつあるトルコの有権者の喝采を浴びた。

拡大トルコのエルドアン首相=朝日新聞社
 春のエジプトでの民衆のデモの際には、ムバラク前大統領に国民の声を聞くように訴えた。エルドアンは賢者としての存在感をイスラム世界で高めている。

 これまでの長年にわたる実質上の同盟国であるイスラエルと距離を置き、イスラム諸国に接近する傾向は、トルコの経済にもプラスに働いている。トルコとイスラム諸国の経済関係が拡大しているからだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1240文字/本文:約1784文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋和夫

高橋和夫(たかはし・かずお) 放送大学教養学部教授(国際政治)

北九州市出身、放送大学教養学部教授(中東研究、国際政治)。1974年、大阪外国語大学ペルシャ語科卒。1976年、米コロンビア大学大学院国際関係論修士課程修了。クウェート大学客員研究員などを経て現職。著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『アメリカとパレスチナ問題』(角川書店)など多数。ツイッター https://twitter.com/kazuotakahashi ブログhttp://ameblo.jp/t-kazuo 

高橋和夫の記事

もっと見る