メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「原発解散」を歓迎する――国民投票につなげたい

菅沼栄一郎

菅沼栄一郎 朝日新聞記者(地域報道部)

 菅直人首相の肩をもつわけではないが、将来のエネルギー政策を問う衆院解散を歓迎したい。

 それが首相の「延命」につながるかどうか、有権者にはあまり関係ない。何より、原発の将来を含めたエネルギー政策をどうするかの判断を有権者に問う決断をするなら、国民の一人として拍手を持って迎えたい。できれば、総選挙をステップにして、原発とエネルギーの将来を問う「国民投票」につなげたい。

拡大自然エネルギーをテーマにした「国民対話」に臨む菅直人首相(左から2人目)=6月19日、首相官邸(時事)
 理屈はきわめてシンプルである。

 原子力発電所を即時廃止するのか、継続か、段階的な廃止か、再生可能エネルギーを今後どのように拡大していくか、を ・・・ログインして読む
(残り:約1305文字/本文:約1560文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

菅沼栄一郎

菅沼栄一郎(すがぬま・えいいちろう) 朝日新聞記者(地域報道部)

朝日新聞記者 1955年11月27日生まれ。80年、新聞記者に。福島支局、北海道報道部、東北取材センターなど地域を歩く。この間、政治部で自民党などを担当。著書に『村が消えた――平成大合併とは何だったのか』(祥伝社新書)、『地域主権の近未来図』(朝日新書、増田寛也・前岩手県知事と共著)。

菅沼栄一郎の記事

もっと見る