メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「なでしこ」を日本の国家ブランドに

川村陶子

川村陶子 川村陶子(成蹊大学文学部准教授)

 なでしこジャパンの女子サッカーW杯優勝は、震災と原発事故、政治の混迷に苦しむ日本の私たちに、元気と笑顔をもたらしてくれた。しかし、それだけではない。なでしこは、「3・11」以来悪化していた諸外国の日本に対するイメージを、劇的にプラス方向へと変えている。

 W杯開催国ドイツでの反応は典型的だ。勝利の翌日、報道はなでしこジャパンへの称賛に満ちあふれた。「青い奇蹟」、「絶対的な意思」、「勝負強さ、戦術面での規律、チームとしての一体感」。強豪米国を相手に、先制されても決してあきらめずに戦う姿勢、最後までとぎれない集中力と冷静さ、勝利の後も相手チームへの敬意とサポーターへの感謝を忘れない品格ある態度は、ドイツのメディアを圧倒している。Nadeshikoや、ドイツ語でなでしこを表すPrachtnelkenは、日本人女性の代名詞として今やすっかり定着した。

拡大宮間あや選手(右端)から贈られたサイン入りのユニホームを手に「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督や沢穂希と話す菅直人首相=7月19日
 なでしこが象徴する肯定的イメージの日本(人)像は、「3・11」後の日本が、世界の中で是非とも必要としているものである。近年流行している国家ブランディングの考え方を用いるなら、「なでしこ」は日本の国家ブランドとしてまさにぴったりといえるだろう。

 ドイツのメディアは、東日本大震災以降、ネガティブな対日報道を繰り返してきた。津波や地震の被害を報じる際には、水面に浮かぶ車や家の屋根、どこまでも続く瓦礫の写真とともに、「黙示録を思わせる災厄」を意味するApokalypseという名詞がしばしば用いられた。聖書の黙示録では堕落した者に対して神の審判が下される。震災が起きた後、ドイツに滞在していた筆者は、街角で売られる新聞の見出しを目にするたび、まるで日本人に天罰が下ったと言われているような気持ちになった。

 さらに、原発アレルギーがもともと強かったドイツでは、早くから原発事故とその被害に注目が集まった。「東日本全体が人間の住めない地域になる」といった誇張された情報も伝えられ、在京の大使館関係者を含めたドイツ人の多くが首都圏から「消えた」のは周知の通りである。

 その後も東電の対応ミスや政府の混乱が厳しい表現で伝えられる一方、福島第一原発で復旧にあたる作業員が神風特攻隊にたとえられるなど、偏見のこもった論調が表れるようになった。ベルリン自由大学で日本研究に携わるイルメラ・日地谷=キルシュネライト氏は、『ヴェルト』紙のインタビューで、ドイツのメディアが、不平不満を口にせずに苦難を堪え忍ぶ被災者の様子を、「日本人とは ・・・ログインして読む
(残り:約1406文字/本文:約2440文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

川村陶子

川村陶子(かわむら・ようこ) 川村陶子(成蹊大学文学部准教授)

成蹊大学文学部准教授。1998年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(国際関係論)。国際関係における文化・文化交流に関心を持ち、対外文化政策や国際交流活動、〈ひと〉の視点でみた国際関係をテーマに研究教育活動を行っている。共著に『日本の国際政治学』(有斐閣、2009年)など。

川村陶子の記事

もっと見る