メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ギャップイヤーから考える日本と若手世代

鈴木崇弘

鈴木崇弘 城西国際大学客員教授(政治学)

 皆さんは、「ギャップイヤー(Gap Year、GY)」という言葉を聞いたことがあるだろうか。日本でも、近年頻繁にメディアなどで取り上げられるようになってきている(注1)。

拡大宮城・気仙沼で、津波が運んできた大量の泥を取り除くボランティアの学生たち=2011年4月
 GYは、大学の入学試験に合格した学生が高校卒業後から入学まで、あるいは入学後のある期間や、大学卒業から大学院への進学や就職までの間に一定の休学期間を得て、ボランティアやインターン等の職業・社会体験、国内外の留学や旅行など様々な活動などを通じて、社会的な見識を広める機会を得る慣習のことである。

 GYは、英国で1990年代から始まった。同国では大学入学資格を得た18歳から25歳までの若者に、入学を1年ぐらい遅らせるなどで、社会的見聞を広めるためのモラトリアム(猶予)期間を与えている。ウイリアム王子やハリー王子がGYを取ったことで、有名になった。同国では、約1割の学生が利用して、さまざまな形の経験を積んでいるという。これにより就業力が向上し、有為な人材を輩出しているということが研究でも証明されてきている。そして、米国のハーバード大やMITなどでも近年強く推奨されているという。

 なぜこのようなGYが、今日本でも注目を集めてきているのか。

 それは最近の就職活動(就活) ・・・ログインして読む
(残り:約4695文字/本文:約5217文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴木崇弘

鈴木崇弘(すずき・たかひろ) 城西国際大学客員教授(政治学)

城西国際大学大学院国際アドミニストレーション研究科客員教授。1954年生まれ。東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センターやハワイ大学大学院等に留学。東京財団の設立に関わり、同財団研究事業部長、大阪大学特任教授、自民党の政策研究機関「シンクタンク2005・日本」の設立に関わり、同機関理事・事務局長などを経て現職。中央大学大学院公共政策研究科客員教授。著書に『日本に「民主主義」を起業する――自伝的シンクタンク論』『シチズン・リテラシー』『僕らの社会のつくり方――10代から見る憲法』など。

鈴木崇弘の記事

もっと見る