メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS
 民主党が、次のリーダーを決める代表選。代表選は本来、偶数年に行われるため、奇数年である2011年の実施は、イレギュラーだ。民主党代表選挙規則が承認された2000年以降、これまでに、任期の2年をまっとうしたのは、2回しかない。

 2000年~2002年までの鳩山由紀夫氏と、もう一回は、2006年~2008年の小沢一郎氏だ。ただし、両代表とも、再選されたのちは、任期途中で代表の座を降りている。わずか3年前の2008年9月の代表選では、小沢氏が代表となったが、翌年の09年5月には鳩山氏に、さらに昨年の6月には菅氏へと、3人で引き継がれている。そして、菅総理が2010年9月に再選されて、1年後にまた代表選となっている。

 くるくる変わるのは、防戦一方だから。

 防戦なのは、自民党時代からである。ネットワーク化の時代、様々な情報が錯そうするなか、運営が難しくなっているともいえる。いわば、成長の時代には、右肩上がりの株式市場に連動するインデックス運用で上昇気流に乗るベンチマークとして先を行く欧米先進国だけを見ておけばよかったが、今は、途上国が追い上げ、凪(なぎ)の状況にあるともいえる。さらに、下げの局面が来ないように、現状を維持し、体力を蓄える時期にある。

 民主党代表選は、前原前外務大臣が出馬表明をし、野田財務大臣、海江田経済産業大臣との三つ巴の様相となっているが、まだまだ、投開票日に向け色々な動きは出てこよう。カギは、独自候補を持たない小沢氏。これに鳩山票を足した100~130票の動きだが、こうした状況が毎年繰り返されている。

 この現状を考えていて、映画「インセプション」(2010年、アメリカ)の構図を思い出した。

・・・ログインして読む
(残り:約1740文字/本文:約2452文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

林志行

林志行(りん・しこう) 林志行(早稲田大学大学院経営デザイン専攻教授)

【退任】早稲田大学大学院経営デザイン専攻教授。1958年生まれ。筑波大学博士課程満期退了。黎明期の金融工学の理論研究の後、大手シンクタンクの創設に関わり、経営戦略コンサルティングなどで活躍、2003年に独立。(株)国際戦略デザイン研究所代表。東京農工大学大学院教授(経営戦略論、リスクマネジメント論)を経て、2010年より現職。新聞、雑誌、ウェブなどにコラム連載。著書に「マザー工場戦略」(日本能率協会マネジメントセンター、2009年)など。

林志行の記事

もっと見る