メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

リンカーン再考(上)――敵を味方に変えた天才的政治運営

高橋和夫 放送大学教養学部教授(国際政治)

 リンカーンとオバマは歴史の糸で結ばれている。前者はアメリカで奴隷制度を廃止した大統領であり、後者は黒人として最初の大統領である。リンカーンの奴隷解放から今日に至るまでアメリカという国家は、人種差別と闘ってきた。その長い道程の到達点に、オバマは黒人初の大統領として立った。リンカーン大統領がなければ、オバマ大統領はない。オバマは、それをよく認識している。オバマは大統領としての宣誓式でリンカーンの愛用していた聖書の上に片手を置いた。

 そのリンカーンの新しい伝記の翻訳が今年2月に出版されている。ドリス・カーンズ・グッドウィン著、平岡緑訳『リンカン(上) 南北戦争勃発』『リンカン(下)奴隷解放宣言』(中央公論新社、2011年)である。原著は、2005年に出版されている。「リンカーンの政治的天才・ライバルたちのチーム」というのが、タイトルの直訳である。

拡大アメリカ・ワシントンDCのリンカーン記念堂。座像の後ろには「リンカーンの名声は、彼に合衆国を救われた国民の心と同様、この神殿に永遠に秘められる」と刻まれている

 この伝記は、リンカーンが共和党の大統領候補に指名された1860年から暗殺された1865年までの期間に焦点を当てている。この期間にアメリカは、南北戦争という悲劇を経験した。しかし同時に奴隷制度を廃止するという大きな一歩も踏み出した。アメリカが最も苦難に直面し、しかしながら大きく前進した数年間の物語である。

 著者のグッドウィンは、同僚として共に戦争を指導し奴隷制度を廃止したシワード国務長官やチェース財務長官などとリンカーンの間の政治的そして人間的な交叉と交流を再構築している。つまり周辺の人物の視点から幾つもの光線を当てて、ちょうどホログラムを創り出すようにリンカーンの政治的な天才ぶりを立体的に浮かび上がらせている。

 そのために、リンカーンばかりでなく、閣僚たちの政治的やキャリアと人柄を描き出している。つまり、この「リンカーン大統領」の伝記は、国務長官や財務長官の伝記をも包含している。幾つもの伝記が支えあって、リンカーンという偉大な人物像を立ち上がらせている。

 大変な力技である。著者は、当時の新聞、リンカーン周辺の人物の日記、その家族の日記、書簡などの膨大な量の一次資料を読み込んでいる。その成果が1ページ1ページに説得力を与えている。ホワイト・ハウスのカーテンの色から絨毯の材質まで、さらにはパーティーでのご婦人たちの衣装から、リンカーンの数知れぬジョークまで、丁寧に記述してある。実際に映像を見せられているような感覚にとらわれる。神々は詳細に宿るという言葉を思い起こさせるような綿密な描写が続く。

 そこには、風景ばかりでなく、登場人物たちの恐れ、希望、嫉妬、感情までもが活写されている。歴史上の人物たちが、時には声を高め激しく議論し合う声音までが、時には声を低めて密談する息遣いまでもが聞こえてきそうである。

 本書の叙述が教えてくれるのは、 ・・・ログインして読む
(残り:約1140文字/本文:約2294文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋和夫

高橋和夫(たかはし・かずお) 放送大学教養学部教授(国際政治)

北九州市出身、放送大学教養学部教授(中東研究、国際政治)。1974年、大阪外国語大学ペルシャ語科卒。1976年、米コロンビア大学大学院国際関係論修士課程修了。クウェート大学客員研究員などを経て現職。著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『アメリカとパレスチナ問題』(角川書店)など多数。ツイッター https://twitter.com/kazuotakahashi ブログhttp://ameblo.jp/t-kazuo 

高橋和夫の記事

もっと見る