メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アンドレ・アガシ、グレゴリー・ペック、シルビー・バルタン、シャルル・アズナブールと国際政治

高橋和夫 放送大学教養学部教授(国際政治)

 2011年12月22日、フランス下院が、1915年のオスマン帝国によるアルメニア人の大虐殺の否定を犯罪化する法案を可決した。この法案によれば、違反者には4万5000ユーロと1年の禁固刑が科せられる。

 これにトルコは激しく反発し、フランスとトルコの関係が悪化している。アルメニア人団体などによると、第一次世界大戦中にアナトリア(トルコ半島)東部で150万人にも達するアルメニア人の大虐殺が行われた。トルコ政府は、多数の死者が出たことは認めているが、それは戦争の混乱によるものであるとしている。また、その数についても争っている。

拡大シャルル・アズナブール=2007年

 フランス議会は2001年に、この虐殺を認定する決議を可決している。その際にもトルコとの関係が緊張した。背景にあるのは数十万とされる在仏のアルメニア系市民の存在である。この可決は、今春のフランス大統領選挙を前にしたアルメニア人票対策だとトルコでは見られている。

 フランスにおいてアルメニア系市民は、著名なデザイナーや芸能人などを輩出している。古い世代ならば、シャンソン歌手のシャルル・アズナブールを知っているだろうか。「イザベル」とか「愛のために死す」などのヒット曲で知られ、何度も日本を訪れている。「私は外国に出るときはフランス人としてふるまうが、フランスではアルメニア人の代表として行動する」と自ら語るほどアルメニアへの思いは深い。あるいは「アイドルを探せ」という曲を1960年代にヒットさせたシルビー・バルタンもアルメニア系として知られている。

 アルメニア人虐殺を各国の議会に認定させようとの動きで、次に注目されるのがアメリカである。アメリカのアルメニア人の人口は100万人強に過ぎないが、フランスの場合と同様に成功者を輩出している。

拡大1965年、初来日の舞台で歌うシルビー・バルタン

 たとえばハリウッドの往年の二枚目スターのグレゴリー・ペックは、アルメニア系である。アルメニア人に言わせると、その顔の特徴は立派な鼻だそうである。またテニスの世界で活躍したアンドレ・アガシもアルメニア系である。

・・・ログインして読む
(残り:約620文字/本文:約1458文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋和夫

高橋和夫(たかはし・かずお) 放送大学教養学部教授(国際政治)

北九州市出身、放送大学教養学部教授(中東研究、国際政治)。1974年、大阪外国語大学ペルシャ語科卒。1976年、米コロンビア大学大学院国際関係論修士課程修了。クウェート大学客員研究員などを経て現職。著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『アメリカとパレスチナ問題』(角川書店)など多数。ツイッター https://twitter.com/kazuotakahashi ブログhttp://ameblo.jp/t-kazuo 

高橋和夫の記事

もっと見る