メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

求められるシリア虐殺行為の調査と武器禁輸の制裁

土井香苗

土井香苗 国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表

■5月25日から26日にかけておきたホウラ虐殺事件に関する証言

<タルドウのある住民の証言>

 「午後2時半ごろ、町の郊外にいた軍が居住区に砲撃し始めたんです。最初は

・・・ログインして読む
(残り:約1671文字/本文:約5621文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

土井香苗

土井香苗(どい・かなえ) 国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表

国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表。1975年生まれ。東大法学部在学中の1996年に司法試験に合格後、4年生の時、NGOピースボートで、アフリカの最貧国エリトリアへ。同国法務省で1年間、法律作りを手伝うボランティア。98年に大学卒業、2000年に司法研修所終了。著書に「“ようこそ”といえる日本へ」(岩波書店 2005年)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

土井香苗の記事

もっと見る