メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

学生・社会人×民主若手議員 マニフェスト検証会議

WEBRONZA編集長 矢田義一

拡大参加者から活発な質問や意見が飛んだ=写真はいずれも民主党本部

 政策男子部()と民主党の若手議員らが企画した「学生・社会人×民主党若手議員 マニフェスト検証会議」が6月4日、東京・永田町の民主党本部5階ホールであった。日ごろ、NPO活動で政策研究に携わる人や、政策系シンクタンクで研究を続ける若い人たち約50人が参加し、現職の国会議員らとマニフェストがもつ意味や役割、可能性などについて議論した。

 国会議員で参加したのは、鈴木寛・参議院議員と、津村啓介・衆議院議員。ほかに、都議会や区議会の若手議員らが顔をそろえた。会場からは、「マニフェストのつくられ方を分かりやすく説明してほしい」「民主党のマニフェストには、2009年マニフェスト、10年マニフェストがある。どれを議論するのか」「2011年8月の中間検証をどう位置づけるのか」「マニフェストの項目を逐条的に議論するのは難しい」などの意見が続いた。

 津村氏は、マニフェストに基づく政治のあり方に関連し、「間接民主主義の価値を知ってほしい。毎年のように選挙をやるのは愚かしいこと。これだけ高度に分業化された社会で、毎日さまざまな意志決定をしなければならないときに、一定のグループあるいは少数の人間が効率よくものごとをジャッジしていかなくてはならない」と語り、決断できない政治へのもどかしさをにじませた。

拡大「間接民主制の価値を知ってほしい」と語る津村啓介氏

 また、「ある程度少ない人数でどんどん合意形成していかなくてはならない。逆にいえば、人をしっかり選んでほしい。何党に所属しているというのもひとつの情報だし、どんなマニフェストを掲げているのかもひとつの情報だけど、それをどう説明し、そのなかで何が得意で、どう地域のみなさんに向き合っているのか。ソーシャルメディアでもチェックするのもいいが、政界再編もあるし、ぜひ一度、リアルでも会って、国会議員なり市議会議員を生で見て、話し方、拍手の仕方、ぜひ確かめてほしい」と述べ、国政や地方の様々なレベルで議員と直接接してみることを勧めた。

)<政策男子部> 永田町や霞が関、地域の政策形成の現場を知り、本質的で具体性ある政策づくりに関わってきた20~30代の男子を中心とした「部活」です。社会を担う責任世代として、私たちは政策を練り、汗を流し、時代の潮流を作っていきたいと志しています。部活を通して、世代や立場を超えた多くの方々と出会っていきたいです。

政策男子部発起人【年齢は発足日時点】:

・伊藤和徳(地方議会政策実現支援機構GUESS代表、元衆議院議員秘書、28歳)

・金沢一行(NPO法人政策過程研究機構理事、31歳)

・藏田幸三(地方自治体公民連携研究財団、37歳)

・橘美樹(NPOシンクタンク理事、霞ヶ関住人、32歳)

・原田謙介(One Voice Campaign発起人、学生団体ivote前代表、26歳)

・間中健介(NPO法人小児がん治療開発サポート理事、MBA、37歳)

・村田章吾(柏市議会議員、33歳)

政策男子部Facebookページはこちら

http://www.facebook.com/SeisakuDanshi

 以下、会議の冒頭で鈴木寛氏が行ったキーノートスピーチを紹介する。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。