メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【北大HOPSマガジン】 震災の現場から(上)――複合災害とメディア

講師/外岡秀俊(ジャーナリスト)

 私は2011年の3月に、朝日新聞社を早期退社してフリージャーナリストになりました。ちょうど札幌が私の田舎なものですから、札幌に帰ることを決め、あとは送別会の予定も入って……というときに起きたのが「3・11」でした。

 3月18日に朝日新聞社の飛行機に乗って上空から被災地を見たあと、翌日から仲間にカンパを頼んで、ありったけの米や食料、水を車に積んで1週間、現地を見てまいりました。新聞記事で3本、それから雑誌「AERA」にルポを書かせていただいて、その後、札幌に帰りました。

 それから半月くらいたったとき、私の母親が「どうして、おまえはここにいるんだ? 東北に行かないのか?」と声をかけてきました。私自身、かつて阪神淡路大震災を取材し、今回も一度現地を見てまわった人間の責任というと大げさかもしれませんが、今度はフリーの立場で現地を見つづけたくて、1カ月後に札幌から現地に出かけて、東北を見てきたわけです。

 ここでは、東日本大震災の特徴と、それから災害とメディアの関係について話します。今回の震災の特徴を四つ挙げるなら、第一に、きわめて規模の大きな震災であったこと、次に、きわめて広域に被害が出た災害だったことが挙げられます。三つ目は、震災に大津波と火災、それに福島第一原発事故と風評被害といったものが重なった、複合的な災害だったということ。四つ目は、被害が長期化して今後も続くだろうということです。

 ほとんどの災害の場合は、発災の時点がピークで、それからだんだんと災害の影響がやわらいでいって復旧、復興が始まります。しかし、東日本大震災はピークが発災時ではありませんでした。津波のあと、原発事故があったがために、これからどのくらい続く災害になるのかも、いまだに予測ができないような状況です。

 たとえば阪神大震災の場合は、幅1キロ、長さ20キロの「震災の帯」にほとんどの被害が集中していました。ところが今回は長さ500キロにわたって被災しています。これほどの規模というのは、あとに見るように日本ではあまり例がなかったと言っていいと思います。

(写真を示して)これは、3・11から1週間たった時点で私が見てきた宮城県気仙沼市内の様子です。ご覧になってわかるとおり、奥のほうに見えるのが湾、入り江です。20メートルくらい高いところから撮っているんですが、海から流れ着いた瓦礫やガラスの浮き玉が押し寄せているわけです。

拡大(写真1)気仙沼唐桑で。後方のスーパーの屋根に流された車が見える

(写真1)これはそのすぐ近くで撮った写真です。スーパーの屋上に黄色い車が乗っています。このようにものすごい力で津波に車が押し上げられていくというのが当時の状況でした。

(次の写真)これも気仙沼の郊外の状況です。みなさんはもう、テレビなどで繰り返しご覧になっているから驚かないかもしれませんが、テレビで映し出せないのはその広がりです。テレビというのは必ずカメラで切り取っていますから、映っているのはごく瞬間的な一場面の状況でしかありません。実際には、前後左右、何キロにもわたって延々と同じ風景が続いています。

(次の写真)これは岩手県の陸前高田です。先ほど見たように、家がひしゃげて流されているような場所は、まだそこに町があったということがわかりますが、ここは町がすっかり流されて、ほとんどコンクリートの土台の部分しか残っていません。ここに町並みがあったということすらわからないような状況です。

拡大(写真2)気仙沼の避難所で出会った吉田さんご一家

(写真2)これは私が避難所で出会った吉田さんご一家の写真です。お母さんとこの子は、おじいさんが裏山に避難しようと言ったのを振り切って小学校に避難したそうです。その裏山は、チリ地震のときに水が来なかった場所だったんです。それでおじいさんは、裏山なら大丈夫だと思って、ひとりで登った。しかし、その裏山には何も設備もなくて吹きさらしです。それでは子供を守ることができないと、お母さんは車に乗って小学校に行ったわけです。ところが、途中から渋滞で車が進まなくなった。それで、車を捨てて逃げろと言われて、必死になって坂道を上がった。そして、のぼりきったところに水が来て、下にあった車は全部流されたそうです。

 一方、旦那さんは、もう一人のお子さんがいる幼稚園に行きました。駆けつけてみると、子供たちはみんな、近くの小学校にいるというので、そちらに行きました。もう夜になっていたんですが、周りは水浸しで、腰まで水に浸かって小学校に入ろうとした。ところが近づけない。そのとき、「助けて」という声が聞こえたそうです。しかし、周りは真っ暗で何も見えない。どこから声がするのかさえわからない。やむをえず引き返して、車の中で一晩を過ごします。そして翌朝、もう一回水に浸かりながら小学校に入ったら、3階でこの子が寝ていた。揺り起こすと、いきなり泣きだしたそうです。このご家族の場合、その後、おばあちゃんが入院している病院でみんなが再会して、この避難所に来たそうです。

 約2万人の方が亡くなるか行方不明になったという今回の災害ですが、助かった方々も、このご家族のように、本当に身一つで何も持たずに逃げ出して、とても考えられないような事態を切り抜けてようやく生き延びている。もちろん、家族を失った方もたくさんいます。このご家族も、おじいさんを失っています。そういったことを、語らない方もたくさんいますが、そういうドラマがあちこちにあったことを想像することが必要だと思います。

拡大(写真3)すべてが押し流された仙台市荒浜

(写真3)これは仙台の荒浜です。市内から5~10キロくらい離れたところにあります。市の中心部からの交通手段はありません。仙台は被害が少なかったと思っている方もおられるかもしれませんが、とんでもないことで、この地域一帯、十数キロにわたってこういう状態です。この写真はたまたま私が通りかかったときに見かけた情景です。ご位牌やアルバムがあります。同じ方が写っているので、たぶん持ち主の方の写真か、またはご両親の写真だったと思いますが、大切なものを持ち出そうとして、途中で波にさらわれたのでしょう。

(次の写真)これは福島県の須賀川というところです。向こうに写っているのは、人工ダムです。このダムが地震のときに決壊して、水が山道に沿ってずっと下に流れて、7、8人の方が亡くなっています。ふだんであれば新聞の一面トップに載るような事故ですが、これが福島で起きたにもかかわらず、社会面とかごく一部でしか報じられませんでした。つまり、東日本大震災は全体としてそれくらいスケールの大きな、いろんなことが起きた震災だったわけです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。