メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

イスラエル人を狙ったテロは「ミュンヘン五輪」を思い出させる

高橋和夫 放送大学教養学部教授(国際政治)

 7月18日、ブルガリアのリゾート地でイスラエル人観光客らが乗ったバスが爆破された。この事件で、5人のイスラエル人を含む7人が死亡し、37人が負傷した。

 その直後にイスラエルのネタニヤフ首相そしてバラク国防相が、イランによるテロと断定した。また同首相は報復を示唆した。世界の目がシリアに集まるなか、このテロを口実にイスラエルがイランに対して何らかの行動を起こすのではないかと予想される。

 この2年の間にイスラエルのイランに対する低レベルでの戦争が続いている。アメリカと協力してのイランの原子力施設に対するコンピューター・ウィルスによる攻撃が行われた。軍事施設の爆破や核開発に従事している軍関係者や民間の科学者の暗殺が続いている。

 爆破や暗殺は、おそらくイスラエルが単独で実行した作戦であろう。アメリカは、イランが挑発されて大規模なテロを起こすことを懸念している。それが戦争を誘発するのを恐れてである。そのためイラン人科学者の暗殺をヒラリー・クリントン国務長官が激しく非難した。これは、アメリカが関与していない事実を強調して、イランの暴発を押さえる狙いからの発言であったろう。

 暴発ではないが、イランの報復と思われる事件が起こり始めた。今年に入って、アゼルバイジャン、タイ、インドなどでイスラエルの外交官と家族を狙ったテロやテロ未遂が発生した。いずれもイランの諜報機関の仕業との見方が広まっている。またケニアでイランの諜報関係者と思われる人物が拘束された。

 今年2月のインドでのイスラエル大使夫人に対するテロ未遂の手口が興味を引く。犯人は、同夫人の車にオートバイで近づいて

・・・ログインして読む
(残り:約1207文字/本文:約1892文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋和夫

高橋和夫(たかはし・かずお) 放送大学教養学部教授(国際政治)

北九州市出身、放送大学教養学部教授(中東研究、国際政治)。1974年、大阪外国語大学ペルシャ語科卒。1976年、米コロンビア大学大学院国際関係論修士課程修了。クウェート大学客員研究員などを経て現職。著書に『アラブとイスラエル』(講談社)、『現代の国際政治』(放送大学教育振興会)、『アメリカとパレスチナ問題』(角川書店)など多数。ツイッター https://twitter.com/kazuotakahashi ブログhttp://ameblo.jp/t-kazuo 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高橋和夫の記事

もっと見る