メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【北大HOPSマガジン】 震災の現場から(下)――死者を考えるということ

講師/外岡秀俊(ジャーナリスト)

司会(中島岳志・北大准教授) それでは、私からいくつか質問をしたいと思います。

 まず、福島のダムが決壊したというお話のなかで、「報道されない」という問題がありました。東日本大震災の直後、長野で地震が起きましたが、この地震についてはほとんど報道されず、支援物資がそちらには届きませんでした。つまり、どこを報道するのか、どこを報道しないのかによって、実はボランティアがそこに集中したり、支援物資が届いたり届かなかったりという差が現場に生じるということがあります。この、報道する、しない、そして現実がそれによって左右されるという関係を、外岡さんはどのようにご覧になっていましたか?

外岡 この問題が大きく注目を集めたのは、95年の阪神大震災のときでした。あのときに、皆さんはテレビ各局が同じ小学校の避難所から中継していることに気づかれたのではないでしょうか。実は衛星回線を使って映像を送っていますので、それが届く場所と届かない場所がありました。物陰になると中継ができないので、ある一定の場所に中継車を置くしかなかったのです。

 それから、中継車で働く人たちも人間ですから、弁当を届けなくちゃいけない。ところが、あちこちに移動していると、弁当や水をなかなか届けることができないという事情もあって、ある小学校に集中しちゃったんです。そこから放送するものですから、今これが足りない、あれが足りないというと、みんなそこに駆けつけるということが起きてしまった。

 今回の震災は問題があまりに大きすぎて、あるいは多様すぎて、報道が追いついていないところがあったと思います。さきほど中島さんがおっしゃった長野だけではなくて、たとえば首都圏近辺の千葉で、あれだけ大きな液状化現象が起きて被害が出て、茨城でも被害がありました。しかし、それらはほとんど報じられていなかったと思います。

 そういう場所の問題のほかに、原発の事故が身近でしかもずっと続いていくことから、多くの報道が津波から原発にシフトしてしまったという傾向もあると思います。津波のほうは「皆さん、頑張っています」という報道になって、それから「原発が危ない」という危険情報の報道になり、実際に何が起きているのかを伝えることが非常に難しくなってしまった、あるいは、それを伝える機能を十分に果たしていなかったのではないかという印象を持ちました。

司会 もう一つは、報道する/しないの問題と同時に、報道のされ方ということがあると思います。たとえば、今回の地震の5年ほど前に北海道が経験したのは、夕張市についての報道でした。夕張の財政破綻は北海道の方はよくご存じだったと思いますが、この問題が全国レベルで急に取り上げられるようになり、各社のメディアがどっと夕張に押し寄せた。シャッターの降りた店などをクローズアップして映し出して、「夕張のかわいそうな人たち」という報道がいっせいにされた結果、夕張に大量の支援物資が届くという現象が起きました。下着が大量に届いたり食料が大量に届いたりしましたが、皆さんご存じのように、夕張はふつうにコンビニも開いていたし、商店も開いていた。

 当たり前ですが、車で行けば札幌まで1時間くらいですから、簡単に買い物ができる。そういうところに支援物資が大量に届いてしまって、夕張の人たちは二重に苦しんだわけです。「自分たちは難民化したのか?」と。そういう声をたくさん夕張で聞きました。

 このように、報道のされ方によって、現地の人たちが二重に苦しむ状況というのが往々にしてあると思いますが、今回の地震報道について、率直に感じられたことがありましたら教えていただけますか。

外岡 実際、報道している範囲はごく限られた場所ですから、本当に困っている人たちがいるということに気づくまで、ものすごく長い時間がかかってしまいました。これは報道陣が動けなかったということもあるし、ガソリンが自由に使えなかったということもあります。大手メディアが車で取材したのは、要するに緊急指定の車両でないとガソリンがもらえなかったからです。しかも、その「指定」は地震が起きる前に受けていないといけませんでした。そういう状況でしたから、どうしても空からの映像が多くなって、現地で人々がどういう状況に置かれているのかが、なかなか伝わりにくかったと思います。

 それからもう一つ、原発の事故で放射性物質が広がって、福島から避難してきた人がいじめられるというとんでもないことが起きた。私が聞いたなかでは、福島の病院であっても、最初、原発20キロ圏内から逃げてきた人が来るときにはスクリーニングを受けて、問題がないという印がある紙を持っていないと診てくれなかったというのです。そういう非医学的なことがまかりとおるような状況で、「放射能をつけちゃうぞ」というような鉢呂吉雄経産大臣(当時)の発言が取り沙汰されたように、偏見を助長する、あるいは福島の人が今後、差別されかねないような雰囲気をつくってしまったことが、今回の大きな問題だと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。