メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【WEBRONZA白熱教室】 原発――再稼働反対は正しいか否か?(1)――「正義」という考え方

小林正弥 千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)

小林正弥 「WEBRONZA白熱教室」の第1回目は、原発の再稼働反対は正しいのかというテーマです。皆さん、ご存じだと思いますけれども、7月1日に大飯原発が再起動するということに反対する多くの人々が6月下旬に官邸前に集まって、15万人とか20万人という説があるほど多くの人たちが抗議の声を上げました。中にはそれを「紫陽花革命」と呼んでいる人もいます。

 まず、議論の前提となる思想ないし理論的な考え方を少しお話ししていきたいと思います。実はこういった対話型講義で正義について議論するということは、これまで大学のほかにもいくつかの場所でやってきておりまして、そのうちの一つは『対話型講義 原発と正義』(光文社新書)という本にもなったりしています。それらと同じように、マイケル・サンデル教授が整理されている正義についての基本的な幾つかの考え方、あるいは彼も言っている公共哲学の考え方を前提に、議論を深めていきたいと思っています。

拡大「WEBRONZA白熱教室」=東京都・渋谷区のビブリオテック

 皆さんの中で、サンデル教授の白熱教室やその本をある程度ご覧になった、そして内容をだいたい分かっている、という方はどのくらいいらっしゃいますか? そんなに多くはないですか。半分ぐらいいますかね。

 私がサンデル教授(以下、敬称略)に注目したのは、公共哲学のプロジェクトがきっかけです。サンデルは公共哲学の世界的な代表者の一人なのですが、日本では公共哲学のプロジェクトは独自に展開しています。公共哲学、パブリック・フィロソフィーというものは、一部の関心がある人たちだけが考える難解な哲学ではなく、人々が広く共有する考え方であって、法とか政策の指針になるようなものです。

 たとえば、アメリカ大統領がはじめに就任のスピーチで語る基本的な政権の考え方を、オバマ政権なら「オバマ政権のパブリック・フィロソフィー」というふうに言います。それは、日本の政治にも非常に大事なので、そういった公共哲学を考えていくということが重要なのです。

 それからもう一つ重要なのは、公共哲学の「公共」という言葉です。何が本当のパブリックかということを考える必要があります。日本の公共哲学では、国家とか官とかいった、お上の意味で「公」という言葉を使うことが多かったのです。これは、語源から見ると、「おほやけ」というところから来るわけですけれども、それと区別して、人々が共に考え、行動していくような公共、すなわちパブリックを実現していこうというのが公共哲学プロジェクトの重要な目的です。

 それは最近、NGOとかNPOが重視されているように、人々がともに手を携えて、ともに実現をしていくという公共であって、民主党政権が発足してからよく使うようになった「新しい公共」という言葉のイメージが非常に近いと思います。

 また、公共という言葉を国内だけで考えるのではなくて、時空間的な展開のなかで、グローバルないしローカルな公共性を考えていくことや、時間的に過去の世代や将来の世代という世代間の公共性を考えていくことも大事だと主張しています。また、理想主義的現実主義といいますが、理想と現実が対立している中で、その理想をどう現実の中で実現していくかということに重点を置くのが日本の公共哲学プロジェクトの基本的な発想です。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

小林正弥

小林正弥(こばやし・まさや) 千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)

1963年生まれ。東京大学法学部卒業。2006年より千葉大学大学院人文社会科学研究科教授。千葉大学公共研究センター共同代表(公共哲学センター長、地球環境福祉研究センター長)。専門は、政治哲学、公共哲学、比較政治。マイケル・サンデル教授と交流が深く、「ハーバード白熱教室」では解説も務める。著書に『対話型講義 原発と正義』(光文社新書)、『日本版白熱教室 サンデルにならって正義を考えよう(文春新書)、『サンデル教授の対話術』(サンデル氏と共著、NHK出版)、『サンデルの政治哲学 〈正義〉とは何か』(平凡社新書)、『友愛革命は可能か――公共哲学から考える』(平凡社新書)、『人生も仕事も変える「対話力」――日本人に闘うディベートはいらない』(講談社+α新書)、『神社と政治』(角川新書)など多数。共訳書に『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業』(ハヤカワ文庫)など。

 

小林正弥の記事

もっと見る