メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

初めての「電子書籍」出版体験記――硬派な本にも活用の道がある

薬師寺克行 薬師寺克行(東洋大学社会学部教授)

 次に編集者に問い合わせたのは「索引」はどうするのかという点だった。分量の多い本だから索引があったほうが読者にとっては便利だろうと考えた。ところがこの指摘に対しても編集者は「できません」という回答だった。

 なぜか。その理由は ・・・ログインして読む
(残り:約2789文字/本文:約5883文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

薬師寺克行

薬師寺克行(やくしじ・かつゆき) 薬師寺克行(東洋大学社会学部教授)

東洋大学社会学部教授。1955年生まれ。朝日新聞論説委員、月刊誌『論座』編集長、政治エディターなどを務め、現職。著書に『証言 民主党政権』(講談社)、『外務省』(岩波新書)。編著に、『村山富市回顧録』(岩波書店)、「90年代の証言」シリーズの『岡本行夫』『菅直人』『宮沢喜一』『小沢一郎』(以上、朝日新聞出版)など。

薬師寺克行の記事

もっと見る