メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

受験から見た日本と韓国――情、家族、社会

金恵京 日本大学危機管理学部准教授(国際法)

■私に『涙と花札』を書かせたもの

 私は2012年末、日韓文化論として新潮社より『涙と花札――韓流と日流のあいだで』を上梓した。その本では、通夜の席で控え室に詰める参列者が、遺族が悲しみ過ぎないように、場を暖めようと花札を打つ韓国の習慣を切り口としている。その事例をはじめ、日本では余り理解されなかったり、誤解されたりしてしまう韓国の文化や社会に対して、韓国人である私自身の人生を通じて紹介を加えた。

 その中では、韓国の家族関係に注目しながら、日本社会で希薄になりがちな様々な情や、果敢に目標に挑戦しようとする韓国人の心意気に関して、背景から紐解きつつ表現しようと試みた。

 同書では、韓国の特徴的な事象であり、真意が十分に伝わっていないものの一つとして、受験に関して1章を割いている。ご存知の方も多いと思うが、韓国の受験は激しく、家族をはじめとした周囲の協力も日本では考えられないほど熱いものがある。そして、その時期になると日本の各テレビ局は挙(こぞ)ってニュースでその周辺状況を扱うようになる。ある意味で、行き過ぎた行動として奇異な目で見ている面もあるといえよう。

 私はソウル生まれで、韓国の苛烈な大学受験を経験した。そうして入学した延世大学1年次に私は日本に留学し、そのまま日本の大学・大学院で学び、その後、7年間アメリカの大学で教員として活動してきた。

 そして、2012年春、縁あって母校の明治大学で教鞭をとる機会を得て現在に至っている。日本の大学教員として初めての冬を迎えた私は、1月19日・20日にセンター試験の監督を行うこととなった。これまでもニュースではその映像を見ていたし、大学生の頃から受験会場に向かう受験生の姿は常に目にしていたのだが、「一体、日本の受験会場では何が起きているのだろう」「両者の違いの背景には何があるのだろう」という関心が、受験生の姿を見る冬になると常に私の中にあった。そして、ついにその疑問と向き合う時間が訪れたのである。

 ここで、韓国の受験の様子を記憶と共に書き連ねてみる。韓国では受験開始前の会場は、各学校の応援合戦の様相を呈する。そして、母親たちは子どもの成功を願い、祈りを一心に捧げる(日本では驚かれるが、受験の100日前から祈願のため、山へ修行に篭<こも>る母親すら珍しくない)。その姿を見て、受験生たちは一層闘志をかきたてられ、会場入りする。

 受験生が会場を後にする際にも、韓国では母親をはじめ皆が彼らの帰りを寒空の下、じっと待っている。私も韓国での受験の時ばかりでなく、日本で留学生向けの試験を受けた際、私を含めた韓国人受験生の母親だけが外で待っていたことを思い出す。不安の中で、母の顔を見た時、安堵という言葉の本当の意味を知った気がした。

 しかし、日本の受験生を見ると、

・・・ログインして読む
(残り:約2102文字/本文:約3263文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金恵京

金恵京(きむ・へぎょん) 日本大学危機管理学部准教授(国際法)

国際法学者。日本大学危機管理学部准教授、早稲田大学博士(国際関係学専攻)。1975年ソウル生まれ。幼い頃より日本への関心が強く、1996年に明治大学法学部入学。2000年に卒業後、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修士課程に入学、博士後期課程で国際法によるテロリズム規制を研究。2005年、アメリカに渡り、ローファームMorrison & Foester勤務を経て、ジョージ・ワシントン大学総合科学部専任講師、ハワイ大学東アジア学部客員教授を歴任。2012年より日本に戻り、明治大学法学部助教、日本大学総合科学研究所准教授を経て現在に至る。著書に、『テロ防止策の研究――国際法の現状及び将来への提言』(早稲田大学出版部、2011)、『涙と花札――韓流と日流のあいだで』(新潮社、2012)、『風に舞う一葉――身近な日韓友好のすすめ』(第三文明社、2015)、『柔らかな海峡――日本・韓国 和解への道』(集英社インターナショナル、2015)、最新刊に『無差別テロ――国際社会はどう対処すればよいか』(岩波書店、2016)。

金恵京の記事

もっと見る