メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[4]♪♪あきれたもんだな サマータイム・ブルース!(承前)

法廷内取材

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

 驚いたことに、この映画版の『標的の村』のなかで、映画の重要なテーマの柱となっている裁判の1シーンの映像使用をめぐってトラブルが生じているというのだ。

 米軍ヘリパッド建設着工に抗議して座り込んだ東村・高江の住民が、国から「通行妨害」で訴えられるという訴訟があった。国家や巨大企業が、弱小な個人を戦術的に威嚇するために訴訟を起こす事例をアメリカでは「スラップ訴訟(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participation)」として多くの州では禁止されている。

ゲート前に座り込み、沖縄防衛局の重機搬入を阻む住民たち(手前右側)=2011年11月15日、沖縄県東村高江拡大ゲート前に座り込み、沖縄防衛局の重機搬入を阻む住民たち(手前右側)=2011年11月15日、沖縄県東村高江
 映画では日本版のスラップ訴訟ではないかと告発しているのだが(何しろ現場に行ったこともない当時7歳の女の子までが「被告」として国=法務大臣が訴えていたのだから)、その際、報道機関が権利として撮影している「法廷内撮影」(通常は開廷直前の限られた時間内に代表カメラが行うことが多い)の映像を使用することに那覇地裁が難色を示したというのだ。

 「目的外使用にあたる」とかいう見解だという。直接的には僕はこの情報の第一報は琉球新報の記事(7月27日付)から知ったのだが、ええっ!そんな馬鹿な!と思ってよくよく記事をチェックしてみたら、 ・・・ログインして読む
(残り:約964文字/本文:約1482文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る