メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ワールドカップに見るナショナリズムの形

金恵京 日本大学危機管理学部准教授(国際法)

 現地時間の6月12日、2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会(以後、ワールドカップ)が開幕した。スポーツにそれほど関心が無い人でも、ブラジルが「サッカー王国」と呼ばれることは知っている。サッカーの本場において、世界で最も大きなスポーツ・イベントが行われるという印象がある。

W杯開幕を前に盛り上がるブラジルのサポーターら=12日午前9時27分、ブラジル・サンパウロ拡大W杯で盛り上がるブラジルのサポーター=2014年6月12日、ブラジル・サンパウロ
 確かに、開会直前までスタジアムのような箱物ではなく、医療をはじめとする社会保障等に資金を投入すべきとしてデモに参加する人々のニュースも伝えられていたが、開会式以降の地元スタジアムの熱気は、良し悪しは別として、そうした出来事を忘れさせてしまう。

 12年前の日韓ワールドカップを知るものからすれば、サッカーが国技とも言われるブラジルでの熱気はどれほどのものなのだろうかと思う。 

 そうした状況をはじめ、日本はもとより世界中でワールドカップに対する注目は高まっている。かつて韓国では、男性が女性と話す時に盛り上がらない話題として、徴兵時のエピソードとサッカーの話が挙げられていた。

 確かに、今でも通常の国内外のリーグ戦には大半の女性の反応は鈍いものの、2002年の日韓ワールドカップを境に国の代表の試合となると女性も高い関心を持つようになった。

 その背景には、ベスト4に入って国中が熱狂したあの感覚がある。ワールドカップと聞くと気持ちが高揚するし、国内外にいる友人が様々なツールで情報を伝え合うことは珍しくない。

 そうした典型的な韓国人女性である私はいわゆる「にわかファン」ゆえ、勝敗予想や戦術などの話題は、残念ながらよく分からない。ただ、普段そうした熱の中に身を置いていないため、冷静に現状を俯瞰し、他の事例と比較することができるように思う。特に、ナショナリズムとサッカーの関係について考えてみることとする。

 以前も、このWEBRONZAで、韓国のサッカー場での横断幕の経緯を追った「希望を忘れた関係に未来はない――韓国人サポーターの横断幕に思う」との文章を書いたことがある。また、今年3月にはJリーグの試合会場で「JAPANESE ONLY」との横断幕が掲げられたことも大きな話題になった。サッカーをはじめスポーツの場ではしばしばこうした歪んだ意思表示がなされることがある。特に、そうした感情の発露は近隣諸国に対して向けられる場合が多い。

 近年の日韓関係の悪化に伴う嫌韓や反日の言説にも同様のことがいえるが、それらは偏狭なナショナリズムとして語られていることが多い。つまり、相手を非難することで自らの正当性を主張するような指摘である。

 そうした見方を受けて、私はナショナリズムというものに、二つの傾向があるように思う。 ・・・ログインして読む
(残り:約997文字/本文:約2106文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金恵京

金恵京(きむ・へぎょん) 日本大学危機管理学部准教授(国際法)

国際法学者。日本大学危機管理学部准教授、早稲田大学博士(国際関係学専攻)。1975年ソウル生まれ。幼い頃より日本への関心が強く、1996年に明治大学法学部入学。2000年に卒業後、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修士課程に入学、博士後期課程で国際法によるテロリズム規制を研究。2005年、アメリカに渡り、ローファームMorrison & Foester勤務を経て、ジョージ・ワシントン大学総合科学部専任講師、ハワイ大学東アジア学部客員教授を歴任。2012年より日本に戻り、明治大学法学部助教、日本大学総合科学研究所准教授を経て現在に至る。著書に、『テロ防止策の研究――国際法の現状及び将来への提言』(早稲田大学出版部、2011)、『涙と花札――韓流と日流のあいだで』(新潮社、2012)、『風に舞う一葉――身近な日韓友好のすすめ』(第三文明社、2015)、『柔らかな海峡――日本・韓国 和解への道』(集英社インターナショナル、2015)、最新刊に『無差別テロ――国際社会はどう対処すればよいか』(岩波書店、2016)。

金恵京の記事

もっと見る