メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

朝鮮総連を本国から支配した男の死

小北清人 朝日新聞湘南支局長

 この9月初めに8年ぶりに訪朝した朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長。10月7日に約1カ月ぶりに日本に戻り、彼が北朝鮮指導部からどんな指示を持ち帰ったか、あるいは金正恩(キム・ジョンウン)第1書記と会えたかどうかが、注目されている。

故金日成(キム・イル・ソン)主席の生家がある平壌の万景台を参観する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホ・ジョン・マン)議長(左から4人目)ら。朝鮮中央通信が報じた=朝鮮通信拡大故金日成(キム・イルソン)主席の生家がある平壌の万景台を参観する朝鮮総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長(左から4人目)=朝鮮通信
 その許氏と長年二人三脚を組み、「一蓮托生の関係」ともいわれた朝鮮労働党幹部の男が、許氏が平壌(ピョンヤン)を離れる直前の10月初め、ひそかに平壌で死亡していたことが確認された。

 姜周一(カン・ジュイル)氏。「姜寛周」(カン・グァンジュ)とも「康寛周」(同)ともいう。

 1930年7月、平安南道(ピョンアンナムド)生まれ。金日成(キム・イルソン)総合大学歴史学部卒。

 長く病状が深刻で、中国の病院を出入りしていると言われてきたが、今回久しぶりに北の土を踏んだ許氏を、周囲に体を支えられながら出迎えた。だが病状は悪化、北朝鮮の病院で死亡したという。享年84。

 この姜氏、少なくとも1980年代あたりから、朝鮮総連を本国で指導する朝鮮労働党の大物幹部だった。万景峰(マンギョンボン)号が日朝間を往来していたころ、頻繁にこの旅客船に乗ってきて、新潟港に入港すると朝鮮総連幹部を船内に呼び、「訪船指導」していた。

 船を降りると、埼玉県内の総連系商工人経営の焼き肉店に食べに行ったり、都内の病院に内臓治療の薬(肝臓が悪かったという)を取りに行ったりと、その動向は日本の当局にマークされた。病院に正体不明の人物のレントゲン写真を持ち込み、

 「金正日(キム・ジョンイル)のレントゲンではないか」

 と疑われもした。

 だが姜氏といえば、何と言っても、「平壌にいながら総連を食いつぶした男」と歴史に記すべきだろう。「愛国事業」の名のもとに、総連に莫大な本国送金をさせた当事者が、この姜氏なのである。

 「朝鮮総連を北朝鮮のキャッシュ・ディスペンサーにした功績を評価され、彼が率いる総連担当課は党の統一戦線部から独立、対外連絡部という独自の工作機関となった。トップはもちろん姜周一だ」(総連関係者)

 そして、総連の財務責任者として姜氏に莫大な送金を続けたことで、集金力を本国から高く評価され、出世の階段を上っていったのが、いまの総連議長・許氏であることに、関係者らの見方は一致する。

 いわば2人は二人三脚で、労働党と総連組織でのし上がるのに成功したのだ。

 だが栄華は長続きしなかった。

 総連系金融機関の朝銀信用組合が、めちゃくちゃな融資と本国送金、さらに朝銀内部のでたらめ経営とバブル崩壊で、次々と破綻に追い込まれたのだ。「総連のための銀行」を失ったことで、総連の在日朝鮮人社会への影響力は大きく低下。かつての力はいま見る影もない。

 総連というキャッシュ・ディスペンサーの閉鎖により、平壌にいる姜氏の力も急速に衰えた。内臓の病気も重なり、近年は活発な活動が伝えられることはなくなっていた。

 「225局」という機関に名前を変えていた姜氏の組織は、今後、いやすでに、統一戦線部に吸収されているのではないかと関係者は見ている。統一戦線部のトップは労働党大物幹部のひとり、金養建(キム・ヤンゴン)氏。許議長との関係は微妙だとの評もある。

筆者

小北清人

小北清人(こきた・きよひと) 朝日新聞湘南支局長

朝日新聞入社後、大阪社会部、AERA編集部などを経て現在、朝日新聞湘南支局長。92~93年、韓国に語学留学。97年、韓国統一省傘下の研究機関で客員研究員。朝鮮半島での取材歴多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小北清人の記事

もっと見る