メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[4]沖縄・読谷村の「不戦の誓い」

伊藤千尋 国際ジャーナリスト

 日本国憲法9条の記念碑は、沖縄だけで6つある。

 中でも出色なのは、沖縄本島の中部にある読谷(よみたん)村の記念碑だ。読谷村は第2次大戦末期の沖縄戦のさい、沖縄本島に米軍が最初に上陸したところで、この村だけで3700人以上の住民が亡くなった。

読谷村の「憲法9条の碑」。「萌芽」と題した彫刻を掲げる拡大読谷村の「憲法9条の碑」。「萌芽」と題した彫刻を掲げる=撮影・筆者
 読谷村役場の玄関の前には高さ3メートルほどの四角いコンクリートの柱が立つ。

 柱の中ほどには、銀色の金属板に黒い字で「日本國憲法第九條(戦争の放棄)」と旧字体で憲法9条が刻んであった。

 柱の上には、植物の新しい芽が地中から天に伸びていく姿を現す「萌芽」と題した青銅の彫刻が乗っている。

 役場に入って「あそこに建っているのは憲法9条の記念碑ですか?」と聞くと、職員は「そうです」と答えた。沖縄戦の終結から50周年を記念して、つまり1995年に作ったのだ。

 詳しい資料を出してくれた。この記念碑を作るにあたっての趣意書だ。そこには、こう書いてある。

 「人間の欲望から発する戦争に対し、我々の中には生来の生きることへの願望がある。すべての生命が当り前にその一生を終えることができる社会、平和なうちに生命を次ぎへとつなぐことのできる社会こそ私たちの願い。その社会の実現を信じよう。我々自身の力を信じよう。世界中が9条の精神で満ちることを信じよう。それは、誰にも阻止できない植物の萌芽と同じ、生命の躍動につながるのだから」

 希望と意欲にあふれた堂々とした文章だ。小さな村から全世界に平和を発信しようという気概を感じる。

 とはいえ「世界中が9条の精神で満ちる……」というくだりに疑問を抱いた。

「不戦宣言」の碑拡大「不戦宣言」の碑=撮影・筆者
 日本でさえ9条をなくそうとする動きが出ているのに、世界中が9条の精神で満ちるなんて考えられないではないか。

 しかし、アフリカ沖のカナリア諸島の9条の記念碑を見たときに思った。

 私たちの知らない場所で日本国憲法9条の記念碑が建てられている。日本の憲法9条を広めたいと思っている人が、世界のあちこちにいる。いつの日か、世界中が9条の精神で満ちることが実際にあるかもしれない。

 読谷村は憲法9条の記念碑を建てただけではない。

 沖縄戦の教訓を踏まえ、二度と戦争の惨禍を繰り返さないことを祈念して、第255回議会の定例会で議員と執行部が共同提案し、全会一致で「不戦宣言」を決議した。

 役場のそばには「読谷平和の森球場」がある。

不戦の誓い拡大「不戦の誓い」=撮影・筆者
 その一角の広場には「不戦宣言」を書いた石碑がたたずむ。黒い石に白い文字でこう書いてある。

 「読谷村は、米軍最初の沖縄本島上陸地点となり一面焦土と化し、今日なお米軍基地が村土の四十七%を占める。読谷村民は、第二次世界大戦、太平洋戦争の中で三千七百名余の尊い人命を失った。今なお残る遺族らの心の痛みと、生き残った人々の教訓として、今後、二度と再び戦争を起こさない、起こさせないとの決意を表明する。日本国憲法の平和主義と、非核三原則の遵守を訴え、沖縄戦終結五〇周年にあたり、平和を希求する三万三千余の村民意思として次の不戦の誓いを宣言する。」

 その「不戦の誓い」を書いた碑文が、すぐ後ろにあった。

 人類の未来は常に明るいものでなければならない
 それは全ての人類の共存、共生、協調の時代
 核の脅威からの解放は人間性の解放につながり
 大自然と調和する人間の営みは、明日への活力を生む
 沖縄の心、それは武器なき社会であり
 武力によらず、人間相互の信頼と
 文化文物の交易によって生きてきた
 我々は、国家のために次また次へと
 沖縄を犠牲にすることを拒む
 決して攻撃せず、決して侵略せず
 子らを再び戦場へ送らない
 人類の未来は常に生命が大事にされなければならない
 戦場で、惨禍に見舞われた人々に明日はなかった
 降り注ぐ砲弾の雨のなか逃げ惑う人々の恐怖
 生きることへの希望の芽は踏みつぶされ
 その狂暴さは深く心に刻まれた
 そのことを忘れない
 巡りきた沖縄戦終結五〇周年を機会に
 戦争による三千七百余の死者への弔いと
 沖縄戦から学んだ教訓、それは非戦の誓いであり
 ここに、あらためて恒久の平和を願い不戦を誓う 
  一九九五年三月三〇日
   沖縄県読谷村
   沖縄県読谷村議会

 「不戦の誓い」の碑だけではない。

 この広場には読谷村の婦人会や老人クラブ連合会が建てた平和を願う石碑が環状に並ぶ。

 村を挙げ、村民が一致して平和を求めていく姿勢が、具体的な目に見える形で永遠に村人の目に触れるのだ。  (つづく)

筆者

伊藤千尋

伊藤千尋(いとう・ちひろ) 国際ジャーナリスト

1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ支局長(欧州特派員)、ロサンゼルス支局長(米州特派員)を歴任、be編集部を最後に2014年9月、退職しフリー・ジャーナリストに。NGO「コスタリカ平和の会」共同代表。「九条の会」世話人。主著に『心の歌よ!』(シリーズⅠ~Ⅲ)『連帯の時代-コロナ禍と格差社会からの再生』『凛凛チャップリン』『凛とした小国』(以上、新日本出版社)、『世界を変えた勇気―自由と抵抗51の物語』(あおぞら書房)、『13歳からのジャーナリスト』(かもがわ出版)、『反米大陸』(集英社新書)、『燃える中南米』(岩波新書)など。公式HPはhttps://www.itochihiro.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

伊藤千尋の記事

もっと見る