メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

現地報告:イスラエルのガザ攻撃から1年(上)

進まない住宅再建とイスラエルの経済封鎖

川上泰徳 中東ジャーナリスト

 2014年7月から8月末まで51日続いた、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ攻撃から1年が過ぎた。2200人以上のパレスチナ人が死に、全壊1万戸を含む2万戸以上の住宅が損傷を受けた。

 8月下旬にガザに入り、現地を見た。自治区はイスラエルによる経済封鎖が続き、建設物資の搬入が制限されているため、1年たっても生活の基盤である住宅の再建はほとんど進んでいない。

テントで暮らす人々

破壊の後が広がるガザ市のシュジャーイヤ地区=拡大破壊の後が広がるガザ市のシュジャーイヤ地区=撮影・筆者
 自治区で最も大きな被害を受けたガザ市東部のシュジャーイヤ地区では無残な廃墟が続いている。

 全壊の家の再建が一部始まったものの、ほとんど手つかずだ。

 その中に張られたテントを訪ねると、無職のニダル・アライルさん(39)が4歳から11歳までの5人の子供と妻と住んでいるという。

 テントがあった場所には3階建ての住宅ビル3棟がたち、アライルさんの姉弟や従兄弟など53人が住んでいた。

 しかし、イスラエルの攻撃開始から10日後に始まった地上部隊の侵攻で、アライル家の家は、戦車の砲撃と、空爆による爆弾投下によって3棟とも全壊した。 ・・・ログインして読む
(残り:約1644文字/本文:約2103文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

川上泰徳

川上泰徳(かわかみ・やすのり) 中東ジャーナリスト

長崎県生まれ。1981年、朝日新聞入社。学芸部を経て、エルサレム支局長、中東アフリカ総局長、編集委員、論説委員、機動特派員などを歴任。2014年秋、2度目の中東アフリカ総局長を終え、2015年1月に退職し、フリーのジャーナリストに。元Asahi中東マガジン編集人。2002年、中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『イラク零年――朝日新聞特派員の報告』(朝日新聞社)、『現地発 エジプト革命――中東民主化のゆくえ』(岩波ブックレット)、『イスラムを生きる人びと――伝統と「革命」のあいだで』(岩波書店)、『中東の現場を歩く――激動20年の取材のディテール』(合同出版)、最新刊に『「イスラム国」はテロの元凶ではない――グローバル・ジハードという幻想』(集英社新書)。

川上泰徳の記事

もっと見る