メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

立憲主義的政治家よ、安保法に抗して気概を持て

冒涜された憲政の伝統は甦りうるか?

小林正弥 千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)

憲政の冒涜

 安保法の「成立」によって失われたものは何か? それは憲法の精神であり、憲政の伝統である。

 かつての穏健保守派から見ても安保法の「強行採決」は憂うべき事態である。

 戦後に平和主義を強く支持してきたのは左翼だから、平和主義が失われるだけならばこの危機を嘆くのは一部の人々だけかもしれない。

1947年3月、街頭で熱弁をふるう尾崎行雄拡大1947年3月、街頭で熱弁をふるう尾崎行雄
 けれども今は違う。自民党の多くの政治家も「憲政」の重要性を認識し、その理念を意識した政治をこれまでは行ってきた。

 だからこそ、戦前に「憲政の神様」と言われた尾崎行雄や犬養毅が保守的な議会政治家からも尊敬を集め、国会の傍には憲政記念館があって尾崎の像が屹立しているのである。

政治的立場を超えた憲政への訴え

 自民党などの長老政治家たち(山崎拓氏、藤井裕久氏、武村正義氏)とともに安保法制を批判して記者会見した際に亀井静香氏は「憲法改正の手続きを抜きに解釈改憲でやっていこうなんていうのは憲政の常道からはずれています」と述べた(6月12日)。

 また衆議院強行採決の前に民主党の高木義明国対委員長は「よもや審議終結、採決ということはあり得ないと思うが、もしそうなれば憲政史上、汚点を残すことになる」(7月9日)と与党を批判した。

 そして参院「強行採決」の直前に内閣不信任案の趣旨説明を枝野幸男・民主党幹事長が衆議院で行い、「私の尊敬する憲政の神様」として尾崎の言葉を引用した。「我が衆議院は、衆議院にあらずして表決院なり。我が国には、表決堂ありて議事堂なし」という「憲政の本義」に関する言葉を紹介し、今は表決堂なのか議事堂なのかが問われているとして締めくくったのである。

 自民党といい民主党といい、いずれも議会政治の担い手であり、本来は「憲政」の伝統を受け継ぐはずの政党だった。だからこの双方の流れの中から「憲政」という言葉が出てきたのである。

立憲主義的野党の責任

 与党は言うに及ばず野党にも憲政の冒涜について大きな責任がある。 ・・・ログインして読む
(残り:約2994文字/本文:約3816文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小林正弥

小林正弥(こばやし・まさや) 千葉大学大学院社会科学研究院教授(政治学)

1963年生まれ。東京大学法学部卒業。2006年より千葉大学大学院人文社会科学研究科教授。千葉大学公共研究センター共同代表(公共哲学センター長、地球環境福祉研究センター長)。専門は、政治哲学、公共哲学、比較政治。マイケル・サンデル教授と交流が深く、「ハーバード白熱教室」では解説も務める。著書に『対話型講義 原発と正義』(光文社新書)、『日本版白熱教室 サンデルにならって正義を考えよう(文春新書)、『サンデル教授の対話術』(サンデル氏と共著、NHK出版)、『サンデルの政治哲学 〈正義〉とは何か』(平凡社新書)、『友愛革命は可能か――公共哲学から考える』(平凡社新書)、『人生も仕事も変える「対話力」――日本人に闘うディベートはいらない』(講談社+α新書)、『神社と政治』(角川新書)など多数。共訳書に『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業』(ハヤカワ文庫)など。

 

小林正弥の記事

もっと見る